読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

あなたはホワイトボードマーカーのキャップをペン軸の後ろにさす派? ささない派?

ちょっとした事情で最近、ぺんてるのホワイトボードマーカー『ノックル ボードにフィット』の写真をしげしげ眺める機会が多かったのです。この写真、なんか違和感があるなあと思い続けていたのですが、あるときふと気がつきました。

 利用時の写真、キャップがペン軸の後ろ(おしり)にささっている……!
リンク先の、こんな感じ……!

www.pentel.co.jp

ノックルの特徴はペン軸の後ろをノックしてインクを補給することですが、私はかねがね「ボタン押しにくいし! 使えねーし!」みたいな感じで、このインク補給機構をあまり評価していなかったのです。でも、キャップはペン軸につけておくのが前提なんですね。私はホワイトボードマーカーのキャップを利き手と反対(つまり左)に持っておく派。そりゃあ使いにくいわ……ボタンをそのまま押す設定じゃないんだもの……。ホワイトボードのイラストは、そのことに気づいた時の私の気持ちです。

f:id:nummy:20170423221823j:plain

すごーく目から鱗が落ちた気づきだったのですが、次に「そもそもホワイトボードのキャップって書く時軸につけておくものなの?」という疑問が。
だって、ホワイトボードマーカーって使うとき、何本も左手に持ってるじゃないか。いちいちペンに差すのってめんどうじゃないか。

f:id:nummy:20170423221813j:plain

と言ってこの写真の持ち方を家族に見せたら「そんな持ち方見たことない」と反論されました。家族は(ファシグラ度はそれほどでもないので)書いたらその都度ボードのトレイに戻すのだそうですけど、それでもやっぱりキャップをペンの後ろにつける習慣はないとのことでした。

ほーらやっぱりキャップは手で持っておくものじゃん! とドヤ顔になりかけたのですが、サンプル2ではまずかろうと念のためFacebookで友人たちに聞いてみることにしました。問いを投げかけてから半日くらいの結果です。

  • 差す 5名
  • 差さない 7名
  • 長時間書く時は差すが、頻度は高くない 1名

サンプル13ですが、両派拮抗している感じかな。

差す派の理由は「キャップをなくすといけないから」が多数派。差さない派は「つけても落っこちる!」という理由で、どっちにしてもキャップはなくなる運命のようなかんじ……笑。たしかにパイロットの「ボードマスター」は安定しないんだ。

この結果、キャップがなくならないホワイトボードマーカーが求められている! と言えそうですね?となると、またぺんてるさん出番ですよ! ということになりそうですね?

 昔の「ボードにフィット」レビューはこちら。しばらく使ってみて、書き味はとても気に入りました。

facigraworks.hatenablog.com

【4/26追記】
その後2名、「差さない派」が増えました。

  • 差す 5名
  • 差さない 9名
  • 長時間書く時は差すが、頻度は高くない 1名

なくしそう問題の対策で「差す/差さない」が分かれるし、書くときのバランスの問題でも「差す/差さない」が分かれるんだという、面白い発見。

広告を非表示にする

ワークショップ、参加者ひとりひとりに渡すマーカーは何がいいのか問題

ワークショップで参加者一人に一本ペンを配ることがたまにあります。私が運営で関係するイベントで「一人に一本」という場合はだいたい大きなイベントで、予算も厳しいのでできるだけお安いものを……というパターンがほとんど。ほんとうはプロッキーをお配りできればいいのですが、お財布事情でそうも行かないという。
そこで候補に挙がってくるのは「ぺんてるサインペン」か「ラッションペン」。今日はこの日本が誇る定番水性マーカーたちをご紹介しようと思います。

ぺんてる「サインペン」

定価は税抜き100円。実売価格は70〜80円くらいが多いでしょうか。
ペン先を少し寝かし気味に使うと、当たりが柔らかくて表情のある線が書けますね。

f:id:nummy:20170409222614j:plain

ぺんてる パック入り水性ペン サインペン 黒インキ XS520-AD

ぺんてる パック入り水性ペン サインペン 黒インキ XS520-AD

 

 寺西化学工業「ラッションペン」

こちらは定価が税抜き70円。実売価格は50円前後のことが多いと思います。お値段が安くてよいのですが、ちょっと字幅が細いかなー(ちょっとカリカリするのです)。

f:id:nummy:20170419212641j:plain

寺西化学 マジックラッションペンNo.300 黒

寺西化学 マジックラッションペンNo.300 黒

 

 プロッキーとの比較や、ポストイットに書いてみた見本をどうぞ。

f:id:nummy:20170419212643j:plain

f:id:nummy:20170419212642j:plain

どちらもインクがすぐ乾いてくっきり書ける優れもの。

ポストイットに書くという用途では、いかにキーワードだけを書いてもらえる字幅になるかが筆記具に求める機能だったりしますが、その点ではぺんてるサインペンもラッションペンもちょっぴり細すぎるような気がします。でも、一人一人がペンを持って気兼ねなく書けるという状況もまた大事。ワークの充実とご予算とを天秤にかけて、バランスがよいのはやはりこの二品かなあと思うのです。

(とはいえ、個人持ちのポストイット用マーカーはもう少し改良の余地があるかもね)

広告を非表示にする

タムラカイさんのラクガキ講座を受けにパナソニックのWonder LAB Osakaに出かけたよ!

「ラクガキコーチ」として知られるタムカイさんこと、タムラカイさん。

tamkaism.com

ラクガキだよ! 自由に描こう! というのに書き方の説明はロジカルで、でもやっぱり描いてみたら楽しいというユニークなメソッドを展開されているので、ぜひ一度お会いしてみたかったのです。最近はグラフィックレコーディングの活動もされていて、まあそのうちどこかでお目にかかることはあるだろうと思っていた矢先、大阪でラクガキ講座がある! という噂を伺いました。

peatix.com

ただ、会場がパナソニックさんの本社所在地なのです。大阪っていっても門真市なのです。神戸からは1時間強かかってしまい、心理的にめちゃくちゃ遠いのです(でも、以前そこまで通勤してたんですけどね)。そんなわけでしばらく考えて……やっぱり行くことにしました。笑。なお、楽しすぎて写真ほとんど撮ってません。イベントページでご覧ください……。

*満員御礼*【講師:タムラカイ氏】「絵心ないので…」が劇的に変化する!ラクガキ&エモグラフィ講座


受付を済ませ、渡されたのはぺんてるのサインペン!これです。

f:id:nummy:20170409222614j:plain

タムカイさん愛用の落書きノート筆記具だそうですよ。そして、机の上には模造紙と、なぜかポスカ。どうやら準備の手違いだったようですが、みんなでカシャカシャ振るのは意外と楽しかったです(動画あります)。

今回の講座は「『絵心ないので…』が劇的に変化する!ラクガキ&エモグラフィ講座」と銘打っており、絵に対して苦手意識のある方のハードルを下げることが目的でした。ですから、描くことは線や、マルや、ほんとにシンプルなことばかりですがそれでも2時間があっという間でした。まさに、童心に返って「うひひー」って感じでペンを走らせる。いったいなぜ、大人になると絵を描くこと、人前で字を書くことにすらハードルが上がってしまうんだろう? このハードルが下がったら、もっと楽しい世の中になるような気がするのですが。

そしてやはりタムカイさんのナビゲーションが素晴らしい。ハードルを下げる、楽しませる、そういうことを自然にしている方なんでしょうねえ。はるばる駆けつけた甲斐があった! そして、今回は静岡や徳島のグラフィック仲間も駆けつけてきており(強者)、仲間と体験を共有できたのもよかったことのひとつです。考えを深めていく上で、経験の共有は重要なのです。

講座で具体的に何をやってみたかは、タムカイさんの著書をご覧くださいね。表情をシンプルに描き分ける「エモグラフィ」や目標をバックキャスティングで考える「スパイラルマップ」など、本をみてやってみることもできますよ。とにかくうひひうひひと描いていたので、詳細を説明することができないw とりあえず私のスパイラルマップ(一部)どうぞ。

f:id:nummy:20170409222837j:plain

会場のWonder LAB Osakaもステキな施設でした。社内施設でありながらも外部の方Welcomeな場所って最近多くなっているようですが、大阪ではまだまだ少なく、先駆け的な存在であります。ワークショップ部屋、Fab施設にキッチンまであって(パナソニックのキッチンはいいぞ)。Fab道具だけではなく、ワークショップ道具も常備されてますよ。

f:id:nummy:20170409222426j:plain

でも、ここにあるマーカーが油性だったのは痛恨の極みですので、ますます私はファシリテーション文具啓蒙活動に力を入れねばと決意を新たにいたしました。

 タムカイさんの本、おすすめよ!

 

アイデアがどんどん生まれる ラクガキノート術 実践編 (エイムック 3485)

アイデアがどんどん生まれる ラクガキノート術 実践編 (エイムック 3485)

 

 

 

広告を非表示にする