ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

Sparkle! Metaric! Neuland新作のメタリックマーカーはかなりトリッキー

EuViz2018で発表されたNeulandの新作、もう一つ目を引いたのは「Metaric」。その名のとおり不透明でキラキラする顔料入りの水性インクです。
*2018年9月20日現在、サイトでは未発売

f:id:nummy:20180920100818j:plain

この色のラインナップ。私の貧困な発想ではメダルを描くくらいしか思いつかない……。

f:id:nummy:20180920101017j:plain

f:id:nummy:20180920101040j:plain

f:id:nummy:20180920101101j:plain

このマーカー、黒に映えますね。

f:id:nummy:20180920101143j:plain

f:id:nummy:20180920101219j:plain

AcrylicOneもいっしょに使って黒い紙に書くと存在感ありそうです。とはいえ、イベントのグラフィックレコーディング向きでしょうか。

……と思っていたけれど、Kelvy Birdはダイアログセッションで黒い紙を使っていて衝撃的でした。

f:id:nummy:20180920101321j:plain

*KelvyはAcrylicOneやホワイトボードマーカーのインクを使っているようです。混色も豪快。

必ず寝かせて保管するように、と購入時に念押しされました。立てて保管すると顔料が偏って使えなくなってしまうからです。けっこう繊細な製品のように思えますね。リフィルインクも売っていたけれど、こっちの保管はもっと気を遣いそう。

似た製品で日本で買いやすいのはステッドラーのメタリックマーカーペンだと思いますが、いかんせん字幅が最大2mmですからファシリテーション文具としては用途が限定的。NeulandのメタリックはNo.Oneだけとはいえ、これはプロッキーの太い方と同じ字幅なので充分です。BigOne(最大12mm)も欲しいけど、技術的に難しいんでしょうか……でも夢が広がりますね。 

ステッドラー マーカー メタリックペン 5色 8323-S BK5
 

 黒いロール紙は日本でも比較的安価に入手できそうです。

菅公工業 模造紙 ラシャ紙ロール クロ タ222

菅公工業 模造紙 ラシャ紙ロール クロ タ222

 

黒ベースの魔女・二日目の基調講演&セッションのファシリテーター、Kelvy Bird(ケルヴィ・バード)。このGenerative Scribing(描き、産み出す、あるいは産み出すためのスクライブ……くらいに訳せばいいんでしょうか)がテーマでした。 

Generative Scribing: A Social Art of the 21st Century

Generative Scribing: A Social Art of the 21st Century

 

 【お知らせ】
そろそろブログと営業用サイトを統合することにしました。

On Your Markers | ビジュアルファシリテーション/グラフィックレコーディング/ファシリテーション文具案内

こちらのブログの記事はじわじわ移動させていきます。
カテゴリー「ファシリテーション文具案内」にまとめますよ!

onyourmarkers.com


今後ともよろしくお願いいたします。

Neuland新製品2018:あえて「肌色」と言おう、スキントーンの「Friends」

今どきは「肌色」って言わないんですよね。
かつて「肌色」と言われていた色は、今は「うすだいだい(プロッキー)」「ペールオレンジ(紙用マッキー)」などと呼ばれています。肌の色はみんないろいろなんだから、あの色だけ「肌」なのはおかしいだろうということで。リンク先の記事がよくまとまっていますね。

www3.nhk.or.jp

このリンク先では「イタリア製の12色の肌色色鉛筆」が紹介されています。これですね。 

ジョット 色鉛筆 12色 スキンカラー 257400

ジョット 色鉛筆 12色 スキンカラー 257400

 

 そんな多様な肌色を表す製品が今年、Neulandにデビューしました! その名も「Friends」。

f:id:nummy:20180831210153j:plain

f:id:nummy:20180831205626j:plain

全5色、薄い色から濃い色までバランスよく揃っています。EuViz2018ではこの新製品を使ったお試しワークショップにも参加してきました(上の写真)。ヨーロッパの人、エチオピアからの人、そして日本人の私と参加者の人種バランスもよかった。

今なぜスキントーンの「Friends」なのか? と言えば、それはもちろん世界の人々が国境を越え、交流し合い、いっしょに何かを成し遂げていく時代だからだと思います。

でもね、東アジア人としてはこの色のラインナップ、ちょっと足りない……という気もしなくもないのです。808がわりとピンク味があって近そうなんですが、うーん、もう少し黄色味も欲しい。まだまだ、プロッキーのほうが東アジアの肌色っぽい。あの色がBigOneにあれば! と切に願うのです。

f:id:nummy:20180831205914j:plain

というわけで、近々禁断の「混色」にチャレンジするつもりです。沼ですねえ。
ダイバーシティをほんとうに考えるなら、別にそこまで厳密な色も必要ないのでは? という気もするんですけどね。