ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

2017年のニュースはNeulandのニューズレター

この記事はグラフィックレコーディング Advent Calendar 2017に参加しています。

adventar.org

グラフィックレコーディングと文具の視点からみた日本の2017年トップニュースは、なんといってもNeulandのマーカーを手に入れたプレイヤーが増えた! ことではないかしらと感じています。

やっぱりNeulandいいよね

グラフィックレコーディング、グラフィックファシリテーションの広がりとともに「色がキレイで、ぶっとく描けるあのマーカーは何? ほしい!」という機運が高まり、私の周りでは購入に踏み切る方が一気に増えました。そう、購入には「踏み切る」というくらいの気合いが必要なのですよね……決して安いものではないし、海外通販だし。でも、それを乗り越える何かがNeulandにはあるのですねぇ。当ブログでご紹介した「購入の流れ」がお役に立てていたらうれしいです。 

facigraworks.hatenablog.com

 

そして、共同購入で入手した方も、使い込んで買い足したくなってきたときはぜひ個人で買ってみてください。理由は二つあります。

  1. 購入金額が高額になるといろいろ面倒になってくる
    詳しくは後日の記事に譲りますが、決済・配送・関税もろもろ面倒でした。一回の注文金額500ユーロぐらいまでがシンプルでした……。
  2. 顧客登録するといいものがもらえる
    こちらが今回お伝えしたいことです。

Neulandからクリスマスプレゼントがやってきた

ついこないだ、こんなんキターーーー!!

f:id:nummy:20171210215627j:plain

ポスターと、シールと、Acrylic One(水性アクリルマーカー)現品と、模造紙大に近い大きな黒の用紙です。現品! 現品! お化粧雑誌の付録並み!

実はこれ、Neulandの顧客向けニューズレターなのです。Neulandは今年から紙の総合カタログを廃止しました。その代わり、1テーマのポスターと関連するちょっとした小物を年に数回送ってくることになりました。送られてきたニューズレターはこんなかんじ。

  • 第1号:レタリング(レタリング練習用紙のサンプル)、4月

    f:id:nummy:20171210215257j:plain

  • 第2号:インクのバリエーション(コットン巾着袋・非売品)、8月

    f:id:nummy:20171210215427j:plain

  • 第3号:クリスマス的な描き方(Acrylic One他)、12月

    f:id:nummy:20171210215535j:plain

総合カタログも確かに凝りまくってそれなりのよいものではありました。しかし、今年は3回もこんな豪華ニューズレターを送ってきてくれて、まあなんて太っ腹なのかしら。第3号の豪華さは、クリスマスだし、ドイツの会社だし、ってこともありそうですね。 

facigraworks.hatenablog.com

 
このニューズレターは、購入時の顧客登録の画面で「ニューズレターが必要」欄を選択していると送られてくるはずです。ほら、欲しくなってきたでしょう?

もちろん、Neulandがなければグラフィックレコーディングができない、ということはまったくありません。日本には何種類もの優秀なファシグラマーカーがありますし、描くフィールドに合う画材・文具なら何を使ったっていいわけです。それでも使いやすさと汎用性の高さではやっぱりNeulandがとてもよい。そして海外通販がこんなに簡単な時代だから、いつかはと思っている方にはぜひチャレンジしてほしいなあと思います。

もしかすると、日本からの注文が増えているとNeulandが気づいたら、日本語ページくらいは追加されるかもよ?(と適当な願望を言ってみます)そして楽しく、役立つものを一緒に描こうじゃありませんか。

というわけで、Neulandへのリンクはこちら!
まず、Asien→All Countriesを選んでトップページに進んでくださいね。ドイツの会社ですから、当然ながら12月中はお休みが多いのでご注文には余裕を持ってどうぞ〜。

global.neuland.com

広告を非表示にする

そのものずばり、ファシグラの基礎を学ぶノート:博進堂のFGノート

ファシグラやスケッチノーティングのお悩みでよく聞くのが「レイアウトが決まらない」だったりします。もう雰囲気でだいたい分かればよろしいやん、と思わなくもないのですが、感覚を掴むのが苦手な方にとっては何か補助輪のようなものがあってもいいのかもしれません(まあ、単に私が雑なだけという話もあります)。補助輪としては、模造紙やイーゼルパッド(フリップチャート)でもマス目入りのものが売られていますし、ノートはもちろん方眼罫の商品がたくさんあります。

マルアイ マス目模造紙 白 20枚 マ-21

マルアイ マス目模造紙 白 20枚 マ-21

 
プラス ミーティング用ボード専用替紙  MB-P1 76-145

プラス ミーティング用ボード専用替紙 MB-P1 76-145

 

ただ、レイアウトがうまくできない方はだいたい、ものの見方が繊細で「虫の目」系が多いようにも思います。ファシグラ目線で言うと、そんな方には方眼罫ってもしかすると細かすぎるのかもしれません。

そこで本日ご紹介するのは、なんとそのまま「FGノート」!

store.shopping.yahoo.co.jp

MDノートみたいなネーミングですが、こちらは用紙の名前ではなくほんとうに「ファシリテーショングラフィックのためのノート」なのです。

発売元は新潟の印刷会社・博進堂さん。サイトを見てわかるように、組織開発やファシリテーションの事業も手がけている少し変わった? 理念のある? 企業さん。経営者の方がファシリテーターらしく、使い手目線で作っている商品なんだからそりゃ使いやすいわけです。

いちばんの特徴は、うっすらと印刷された罫線が用紙を3×3の9マスに分割していること(商品写真の2枚目をご参照ください)。議事録ノートで議題や日付、参加者などを記入する欄がある商品もありますが、この9マス分割はそれとはちょっと違う。時系列に書くのも、マンダラ型に書くのも便利なんですよ。

一緒に売られている「FG TEXT(ファシリテーション・グラフィック・テキスト)」と合わせて使うときっと基礎力がつくことと思います。ファシグラって何? ペンの持ち方は? から丁寧に解説しているテキストです。このペンの持ち方はただ事ではない気もしますが(テキストp8より引用)。f:id:nummy:20171128210155j:plain野生のグラフィッカー育成メソッド(笑)になじめない方は試してみるといいのではないかな。今ならノートとテキストセットで1000円! セールをしているみたいです(2017年11月28日現在)。

store.shopping.yahoo.co.jp

また、天糊製本なのでレポート用紙のように一枚一枚取り外すことができます。みんなで使うにはかなり便利(自分用スケッチノートを溜めるにはちょっと不安)。

というわけで、スケッチノートを描いてみました。

f:id:nummy:20171128205509j:plain

f:id:nummy:20171128205640j:plain
ステッドラー・ピグメントマーカーとNeuland No.One使用。2017年7月25日 KIITOクリエイティブゼミにて。


裏から見ると透けては見えますが、裏抜け・にじみはほとんどなくなんだかレイアウトがびしっと決まる気がします。方眼罫だとこうは行かない私なのですがね。かなり好きな紙です。ぜひお試しを。

広告を非表示にする

静電気式のふせん、もう少し考えてみよう:magnetic NOTES

先日「Magic Whiteboard」という静電気で貼ることができるフィルムタイプのカード? ふせん? シート? について記事を書きました。 

facigraworks.hatenablog.com

特性から見るとその名はちょっと違うかもしれませんが、当ブログではこの手の製品を便宜上「ふせん」と呼ぶことにします。

Magic WhiteboardにNeulandのSlickynotes、海外製品が多い中今回ご紹介するのは日本でも普通に買える「magnetic NOTES」。

f:id:nummy:20171113215914j:plain

magnetic.jp

Made in Finlandなんですけどね。*1

色のついた表面は一般的な筆記具が利用可能。

f:id:nummy:20171113215954j:plain

試してみた感想は油性マーカーやボールペン、鉛筆などが合うかなという感じです。プロッキーやぺんてるサインペンなどは乾くのに少し時間がかかる気が。
※写真はわざと手でこすっています。ファシリテーション的には、ふせんは手で持って動かすものなのでね。

裏面はホワイトボードマーカーを使うことができる、ということです。

f:id:nummy:20171113220044j:plain

ボードマスターSでは少しにじみが見られましたが、書いて消してはなかなか快適。

ふせん性能として大事なのはくっつき力(この製品「粘着」ではないよね…)。我が家のような一般的な住宅用壁紙にはやっぱりくっつきにくいですね。しばらくすると重みでズレてしまいました。ホワイトボードやオフィスのスチール間仕切りなどではうまく使えるかな。実際、すいすい動かせて快適という声も聞きましたよ。

注意したいのはこの製品「パラパラ禁止」だということ。手遊びでついパラパラ漫画的にパラパラー、ってしちゃいますけど、それをやると静電気が弱くなってしまうそうです。あーやってしまいそう。

個人的にはインクが瞬時に固まり、ぴたっとくっついてくれているものが好みなのですが、場面によっては面白い使い方もできるかもしれませんね。バランスボールなんかの曲面に貼る……?  みたいに、湯水のように使うのがいいのかなあ。Mサイズ(100mm×70mm)が100枚で800円なので、なかなかセレブなワークショップ感あります。あ、樹脂製品ならではの「透明」は面白いかもね!

ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTES Lサイズ 透明 MNL-T

ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTES Lサイズ 透明 MNL-T

 

 

*1:微妙にサイズや入り数が違うけど……もしかしたらNeulandで売ってるのと同じものかもしれません。

広告を非表示にする