ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

次世代のモバイルホワイトボードがやってきた! nu board JABARAN そして Batterfly Board2

持ち歩くためのモバイルホワイトボードはすっかり皆さんの定番アイテムとなった感がありますね(これも煽りです)。

facigraworks.hatenablog.com

 この記事を書いてからもう一年半。モバイルホワイトボード第二世代とでも言うべき製品が世に出ていますので、ご紹介したいと思います。もちろん私も買って使ってますよ。

nu board JABARAN

nu board JABARAN(ジャバラン) – 欧文印刷株式会社

CANSAY nu board JABARAN (ヌーボード・ジャバラン) A4判 [MKG] NJA4CMKG08

CANSAY nu board JABARAN (ヌーボード・ジャバラン) A4判 [MKG] NJA4CMKG08

 

 以前の記事では、nu boardはリングが少しかさばるのがネックかもとご紹介していました。そこに真っ向から挑んできた第二世代はその名も「nu board JABARAN(ジャバラン)」!

蛇腹折り!

f:id:nummy:20180117214445j:plain

シンプルにジャストA4版!(下に敷いているのはnu board)f:id:nummy:20180117214314j:plain
軽量化されており、持ち運びに特化した感あります。ホワイトボードマーカーホルダーを付けることもできますが、かさばるからねえ。この商品は薄さを追求していく方がいいんじゃないかなあと思います。なんといっても厚さ4mmですのでね(実は少し反るのですが……材質上しかたない)。

f:id:nummy:20180117214536j:plain

片面は無地、もう片面が方眼罫となっており、汎用性を重視した商品になっているような気がしました。取り出した時のごつさがないので、入門編にちょうどよいような気がします。

Batterfly Board2

product – バタフライボード 公式サイト

 こちらは、よりマニア向けというか、品質を追求していったというか。

f:id:nummy:20180117214623j:plain

まず、素材が少し丈夫になり、高級感が加わりました。また、透明シートが付属したことでかすれを防ぎ、コピーも取りやすくなりました。

f:id:nummy:20180117214852j:plain

厚みなどは先代とそれほど変わりなく、相変わらずスタイリッシュで、相変わらず磁石が強いなーwという感想です。
会議室不足の昨今、2セットそろえてスチール壁に貼るのもいいかもよ。私はシステムの説明をする時に動くパーツ(データやユーザー)をButterfly Boardに描いて、ホワイトボードの上で貼ったり動かしたりして紙芝居的に使うことも多いです。

f:id:nummy:20180117213403j:plain

動きがついて便利なんですよ

似たような時期に次世代版を売り出しても、nu board JABARANは透明シートを省き、Batterfly Board2は加えたというのは互いの動きが交錯しているようで興味深いです。モバイルホワイトボードに求めることって、人によってニーズが真逆なのかもしれないですね。お互いがお互いの方向性に歩み寄って、交差して、バリエーションを拡げている気がします。

デジタルが手近になって、モバイルホワイトボードがこの先どう進んでいくのか楽しみでもあり不安でもあり、です。でもしばらくは(少なくとも私は)こんなものを駆使して仕事をするんだろうなあと思っています。

広告を非表示にする

黒背景に白文字を描くためのマーカーあれこれ

デザインや美術のバックグラウンドがないので私のグラフィックレコーディングはあまり凝ったものにできません。と言いつつこの活動を始めてなぜか白マーカーがいろいろと集まってしまいました。
Neulandからのクリスマスプレゼントも白マーカーだったことですし、手持ちの白マーカーの描き具合をご紹介したいと思います。写真を撮った時期がまちまちなので、ダブったりサンプルの描き方が揃っていなかったりしますがご容赦を。

今回使ったマーカー

WhiteOne, wedge nib, 2-6 mm(Neuland)
AcrylicOne FINE, round nib 1,5mm(Neuland)

https://global.neuland.com/

ピグマックスツイン しろ(サクラクレパス

[ピグマックス] ピグマックスツイン | 株式会社サクラクレパス

ゲルマーカー ホワイト(パイロット)

ゲルマーカー | 筆記具 | 画材・製図用ペン | 画材用ペン | 製品情報 | PILOT

ジュースペイント 中字 ホワイト(パイロット)

水性顔料マーカー ジュース ペイント | 筆記具 | カラーペン | 製品情報 | PILOT

ポスカ 極太角芯 白(三菱鉛筆

ポスカ 極太角芯 | ポスカ | POSCA | 水性サインペン | サインペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

リキテックスマーカー スリム チタニウムホワイト(リキテックス

リキテックス マーカー - 商品情報 - リキテックス

写真

WhiteOne/ポスカ/ピグマックスツイン/ゲルマーカー/(参考に極細のパイロットジュースアップ04)f:id:nummy:20180113180634j:plain

このときはWhiteOne最強と思っていたのです。なぜならNeulandのOutlinerやプロッキー黒の上に描いても色が沈まないから。

f:id:nummy:20180113180802j:plain
ただし、黒インクで下地を作ると紙が異常に丸まります。くるんくるん。

f:id:nummy:20180113181552j:plain

 AcrylicOne/WhiteOne/ジュースペイント/リキテックスマーカー/ポスカ

f:id:nummy:20180113181542j:plain

f:id:nummy:20180113181531j:plain

アクリル系マーカーはつよい。はっきり見せたいと思ったら、AcrylicOneかリキテックスですね。ポスカがたいへん水っぽいのですが、これは保管状態のせいかもしれません。

ここからは私の想像というか妄想ですが、NeulandのAcrlyicOneはもしかするとリキテックスマーカーのプライベートブランド?版なのでは……と思っています。軸やキャップも含めて同じように見えるんですよねえ。AcrlyicOneの8-15mmはリキテックスのワイドと同じなのではないかという気がします(白はともかく、他のカラーはやや違う色味には見えますが)。
リキテックスのスリムは平芯なので、細字は丸芯(2.5mmと1.5mm)のみのAcrlyicOneより使い勝手がいいかもしれません……。しかもリキテックスなら大きな画材店で売っていますね! *1

ただ、使いこなせる気がしないから実戦配備は未定 (´・ω・) 

お買い物メモ

Neuland AcrylicOne(過去記事をご覧ください)  

facigraworks.hatenablog.com

ピグマックスツイン(白はセットには入っていません) 

リキテックスマーカー

  パイロット商品やポスカは少し大きめの文具店にはあるはずです(よいリンクがなかった)。

*1:私はユザワヤで買いました。首都圏の方なら世界堂へGoでしょうか?

広告を非表示にする

スケッチノートを持ち歩くあなたへ、KOKUYO Drawing Plus

女性用バッグの「A4版が入ります」ってセールストークはいかがなものですかね。入るには入るけど、あまりにぴったりサイズでA4ノートとポーチやら財布やらを入れたらファスナー閉まらないし! などと思うのは荷物がやたら重い私だけでしょうか……。

当ブログをお読みの方でしたら例えば会社帰りにセミナーなどに寄って、そこでスケッチノートを描きたいと思うことも多いのでは。個人的にはスケッチノートは少し大きめが好みなので、これまではマルマンのクロッキーブック(SMサイズ)を使ってきました。

マルマン maruman スケッチブック クロッキー帳 白クロッキー紙 ブルー SM-02

マルマン maruman スケッチブック クロッキー帳 白クロッキー紙 ブルー SM-02

 

 紙質最高で表紙を折り返して膝の上でも描ける……と素晴らしいものなのですが、唯一の弱点はA4版よりも一回り大きいために通勤バッグに収まらない、と。

そんなときに発見したのがこの夏に発売されたばかりのコクヨ「Drawinig Plus」。かわいらしいデザインで気軽にスケッチを楽しもうというシリーズらしいです。このうち「Duplex Croquis(クロッキー帳)」はA4ジャストサイズ。どうにかふだんの持ち物+このノートがバッグにフィットしております。

f:id:nummy:20171231220323j:plain

コクヨ スケッチブック クロッキー帳 無地 KE-SP9-1

コクヨ スケッチブック クロッキー帳 無地 KE-SP9-1

 
コクヨ マーカー ドローイングマーカー 固形 10色 KE-SP3-10
 

描いてみた感想はというと、基本的には快適です! 小回りのきくサイズ感に、表紙折り返し可能。表紙のデザインもかわいいし、本文用紙は96枚とたっぷり、マルマンクロッキーと遜色ない。これはスケッチノート向きのノートとしてありだと思います。

ただ、本文用紙は描く筆記具を少し選ぶかもしれません。
いつものように主線「ステッドラー ピグメントライナー」+色塗り「プロッキー」か「Neuland」で描くと、主線がにじんでしまうのです……。
↓虫眼鏡のあたりとか、「Macroにみる」人のあごのあたりがインクを引っぱっています。

f:id:nummy:20171231220406j:plain

これまでステッドラーがにじんだ経験はほとんどないので、やはり用紙との相性と言えるのかなと。

同じシリーズから発売されているドローイングペン+ドローイングマーカーで描くとこんな感じです。ドローイングペンは万年筆インクのようにロイヤルブルーやセピアなど色が豊富なので、ぜひこれで角芯(「斧型」みたいな)が欲しいところです。
ドローイングマーカーはテキストサーファーゲルみたいな感触で。私はいまいち使いこなせないのだけれど、パイロットのゲルマーカーが好きな方ならいいかもよ!

f:id:nummy:20171231220438j:plain

f:id:nummy:20171231220521j:plain

筆記具の組み合わせは考える余地がありそうですが、このサイズ感はとても魅力です。バッグ問題にお悩みの方は一度お試しを。
(あ、マルマンのルーズリーフを持ち歩くという手もありました) 

 

広告を非表示にする