ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

Neuland新製品2018:あえて「肌色」と言おう、スキントーンの「Friends」

今どきは「肌色」って言わないんですよね。
かつて「肌色」と言われていた色は、今は「うすだいだい(プロッキー)」「ペールオレンジ(紙用マッキー)」などと呼ばれています。肌の色はみんないろいろなんだから、あの色だけ「肌」なのはおかしいだろうということで。リンク先の記事がよくまとまっていますね。

www3.nhk.or.jp

このリンク先では「イタリア製の12色の肌色色鉛筆」が紹介されています。これですね。 

ジョット 色鉛筆 12色 スキンカラー 257400

ジョット 色鉛筆 12色 スキンカラー 257400

 

 そんな多様な肌色を表す製品が今年、Neulandにデビューしました! その名も「Friends」。

f:id:nummy:20180831210153j:plain

f:id:nummy:20180831205626j:plain

全5色、薄い色から濃い色までバランスよく揃っています。EuViz2018ではこの新製品を使ったお試しワークショップにも参加してきました(上の写真)。ヨーロッパの人、エチオピアからの人、そして日本人の私と参加者の人種バランスもよかった。

今なぜスキントーンの「Friends」なのか? と言えば、それはもちろん世界の人々が国境を越え、交流し合い、いっしょに何かを成し遂げていく時代だからだと思います。

でもね、東アジア人としてはこの色のラインナップ、ちょっと足りない……という気もしなくもないのです。808がわりとピンク味があって近そうなんですが、うーん、もう少し黄色味も欲しい。まだまだ、プロッキーのほうが東アジアの肌色っぽい。あの色がBigOneにあれば! と切に願うのです。

f:id:nummy:20180831205914j:plain

というわけで、近々禁断の「混色」にチャレンジするつもりです。沼ですねえ。
ダイバーシティをほんとうに考えるなら、別にそこまで厳密な色も必要ないのでは? という気もするんですけどね。