ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

昔のプロッキーのほうがファシリテーション的にはいいんじゃないか説

ファシリテーショングラフィックのセミナーなんかに行くと必ずといっていいほど強調されるのが「プロッキーは太い方で書く」ということです。当ブログでもしつこく「太い方! 平芯!」と繰り返しています。なんで太い方で書け、なのかというと、遠くからでも見えやすいからです。逆に、細い方で書いた字はグループ内で見えないんですよ……ということに過ぎないのですが。

太い方太い方と思い詰め、ついにはこんなことをつぶやく始末。

(でもふぁぼられてるでしょう)

あまりに思い詰めていたせいか、こんなプロッキーを某所にて発見しました。

f:id:nummy:20180523194724j:plain

品番PM-126。どうやら以前のタイプのようです。
特徴はなんと「平芯オンリー」ってこと! 細い方を糊付けする必要がありません!

f:id:nummy:20180523194807j:plain

某所にあるのは使いかけなのでペン先がつぶれちゃっているのですが。

f:id:nummy:20180523194837j:plain

現行品のプロッキーのほうが少し字幅が太いですね。角度もいろいろ工夫されていて、進化のあとが見えます。

とはいえ、平芯だけのPM-126はファシリテーション的にはとても魅力。軸もやや太めで持ちやすいです(NeulandのNo.Oneは細くて、長時間使うと少し疲れる)。

実はヨーロッパやオセアニアなどではこのPM-126は現役で売られているみたい。
ドイツ
https://www.uni-ball.de/produkt/prockey-pm-126/
UK
https://uniball.co.uk/prockey-pm-126/

フランス
https://uniball.fr/prockey-pm-126/

ニュージーランド
https://www.croxley.co.nz/product/249778/uni-marker-prockey-pm126-red-chisel-tip-bold?cat=markers

オーストラリア
https://www.officenational.com.au/shop/en/obb2cstore/prockey-pm-1268c-markers-bullet-assorted-colours-pack-8-7022368i--1

(平芯と丸芯が別の製品として売られているのですね)

色の区別がつきにくいかな? という気もしますが、日本でも売って欲しいです。ワークショップ参加者用にはこれを配りたい。細字禁止。
これでインクの詰め替えができたら最高じゃないですか。