ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

海外のホワイトボードマーカーがカラフルな理由、わかったかも? EXPO Dry Erase Marker

ホワイトボードマーカー、英語では「dry erase marker」といいます。から拭きで消えるマーカーくらいの感じでしょうか。本エントリでご紹介するのはアメリカの「EXPO」という、SharpieとおなじくSanfordのブランドのホワイトボードマーカーです。

f:id:nummy:20180511215456j:plain

f:id:nummy:20180511215527j:plain

なんと12色入り。お店では12色までしか見かけませんでしたが、メーカーサイトによるとなんと全17色だそうです!

www.expomarkers.com

 

facigraworks.hatenablog.com

しょせんホワイトボード、そんなに色数必要でしょうか。と以前の記事にも書いて、そう思っていたんだけど、どうやらアメリカではホワイトボードマーカーって学童用の位置づけもあるらしいです。サイトを見たらそんな気がしてきました。

www.expomarkers.com

先生のためのTIPS紹介とか、まさに教育用ってかんじの作りです。それならばカラフルなのも納得ですね。たしかに、お店でも学用品のあたりに置いてありました。隣にクレオラのホワイトボードマーカーも売ってたな(ホワイトボード用のクレヨンだけではなく、ふつうのマーカーです)。

さて、書いてみたらどんな感じか。例によって雰囲気だけどうぞ。

f:id:nummy:20180511215745j:plain


Neulandが青・緑が多いのに対し、EXPOは寒色系・暖色系バランスよくそろえている感じですね。「パンプキン」っていう色があるのは、アメリカだなあって思いました。きっとハロウィンには教室のホワイトボードにカボチャの絵を描くんでしょう笑

ところで、この商品の正式名称は「EXPO dry erase low odor」。におい控えめタイプ……? うちにあるホワイトボードマーカーの中でいちばん溶剤のにおい強いですけど……アメリカのマーカーってもしかしてもっとにおうのか……

ご参考:Neulandのホワイトボードマーカー

facigraworks.hatenablog.com

 おまけ:Neulandホワイトボードマーカー使用例(グレーが必要)

f:id:nummy:20180511222714j:plain