ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

第63回神戸オフィスフェア(2018年)に行ってきました

毎年恒例、1月末は神戸サンボーホールで神戸オフィスフェアへと参戦です。今年のテーマは「CHALLENGE」。同じようなタイトルで3年連続記事を書くことになるとは感慨深いこと。

f:id:nummy:20180206223011j:plain

今年は一般入場が有料になっており、そのためか終業後でも物理的にはゆったりとブースを見て回ることができました。あ、神戸で文具に課金している勢なら招待券を普通に入手できましたので書き添えておきます。
初めての試みとして「新商品の開発秘話やプロが選ぶオススメ文具」的なライブステージがあったようです。しかし、どうしても終業後の参戦になってしまうので見ることができず残念(主催の皆様に呼びかけています……もしご興味があれば、来年はライブステージをグラフィックレコーディングで残しませんか……これまでとはちょっと異なる視点の文具活用法をご提案しますよ……)。

神戸オフィスフェア2018 総評

さて、「ファシリテーション文具」目線での、今年の出展ブースの印象は。
個人的には「貼るもの」と「クリップボード的なもの」が目につきました。

「貼るもの」はニチバンの「ディアキチ ワザアリテープ」やスリーエムジャパンの「あとではがせるテープ」。 

ディアキチ™ ワザアリ™テープ - ディアキチ™ | テープのニチバン

スコッチ® あとではがせるテープ

スコッチ あとではがせるテープ 詰替18mm CA18-R2P

スコッチ あとではがせるテープ 詰替18mm CA18-R2P

 

 「クリップボード的なもの」はキングジム「カキコ」、リヒトラブ「クリップファイル」、セキセイ「クリップファイル マグネプラス(Webページがない…)」など。

AQUA DROPs クリップファイル|製品情報|株式会社リヒトラブ

www.kingjim.co.jp

リヒトラブ クリップファイル A4 オレンジ F7560-4
 

 「貼るもの」は私のファシリテーション文具的目線によって「キテル!」って見えている疑惑がありますが、「クリップボード的なもの」の進化は明らかに「立ったまま書く」ニーズが強いことを示していないですか? 私の観測範囲ではありますが、「落ち着いて紙に向かいあう時間」って、ビジネスシーンではかなり減ってきているように思うのです。わざわざ紙を使って仕事する場面は、動きまわる場面……なんだかそこにアクティブなんちゃらとかファシリテーションが関連する気がしてならない。そういうことにしておいてください。とくに、A3をそのまま使えるのが魅力的なカキコは出たら買います。

自慢コーナー

さて、細かい商品レビューはまた別記事として、今日はとりあえず自慢させて☆

寺西化学工業さんのブースでラクガキ製品試してたら展示用の紙を描いてほしいとお声掛けいただき! 2枚ほど描かせていただきました。
この日はクローズ間近に描いたのでお目に触れることは少なかったかと思いますが、もしかしたら今後の展示会で使っていただけるかも。

f:id:nummy:20180206223304j:plain

今年の寺西さんのイチオシ「glow」は3月発売予定の不透明水性顔料マーカーです。不透明水性顔料マーカーと言えばポスカやジュースペイントなどがよく知られていますが、glowは描く前に振らなくていいんです! かといってピグマックスツインとも少し違う。はじめはインクが出ていないような感じで、そのうちじわじわと浮き出てきて最後にははっきりと不透明の描画が残ります。一番近いのはNeulandのWhiteOneかな。WhiteOneについてはこちらの記事で……。 

facigraworks.hatenablog.com

 このglow、WhiteOneよりもっとくっきりはっきり発色するし、白以外の色もそろっているし。これで太い平芯があれば最高なんだけど(よろしくお願いします!)。f:id:nummy:20180206223115j:plain
ちなみにglowというネーミングは電気のグロー球のような、輝くイメージからつけられたそうですよ。*1

さて、次はテープのレビューをしようと思うのですが、テープって説明が難しいんだよなあ(結局昨年のスマートカットテープもまだレビューできてないですもんね)。

 

*1:まだサイトには載ってません。