ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

静電気式のふせん、もう少し考えてみよう:magnetic NOTES

先日「Magic Whiteboard」という静電気で貼ることができるフィルムタイプのカード? ふせん? シート? について記事を書きました。 

facigraworks.hatenablog.com

特性から見るとその名はちょっと違うかもしれませんが、当ブログではこの手の製品を便宜上「ふせん」と呼ぶことにします。

Magic WhiteboardにNeulandのSlickynotes、海外製品が多い中今回ご紹介するのは日本でも普通に買える「magnetic NOTES」。

f:id:nummy:20171113215914j:plain

magnetic.jp

Made in Finlandなんですけどね。*1

色のついた表面は一般的な筆記具が利用可能。

f:id:nummy:20171113215954j:plain

試してみた感想は油性マーカーやボールペン、鉛筆などが合うかなという感じです。プロッキーやぺんてるサインペンなどは乾くのに少し時間がかかる気が。
※写真はわざと手でこすっています。ファシリテーション的には、ふせんは手で持って動かすものなのでね。

裏面はホワイトボードマーカーを使うことができる、ということです。

f:id:nummy:20171113220044j:plain

ボードマスターSでは少しにじみが見られましたが、書いて消してはなかなか快適。

ふせん性能として大事なのはくっつき力(この製品「粘着」ではないよね…)。我が家のような一般的な住宅用壁紙にはやっぱりくっつきにくいですね。しばらくすると重みでズレてしまいました。ホワイトボードやオフィスのスチール間仕切りなどではうまく使えるかな。実際、すいすい動かせて快適という声も聞きましたよ。

注意したいのはこの製品「パラパラ禁止」だということ。手遊びでついパラパラ漫画的にパラパラー、ってしちゃいますけど、それをやると静電気が弱くなってしまうそうです。あーやってしまいそう。

個人的にはインクが瞬時に固まり、ぴたっとくっついてくれているものが好みなのですが、場面によっては面白い使い方もできるかもしれませんね。バランスボールなんかの曲面に貼る……?  みたいに、湯水のように使うのがいいのかなあ。Mサイズ(100mm×70mm)が100枚で800円なので、なかなかセレブなワークショップ感あります。あ、樹脂製品ならではの「透明」は面白いかもね!

ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTES Lサイズ 透明 MNL-T

ウインテック 魔法のふせん magnetic NOTES Lサイズ 透明 MNL-T

 

 

*1:微妙にサイズや入り数が違うけど……もしかしたらNeulandで売ってるのと同じものかもしれません。