ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

切る文具もファシリテーションの現場にひとつ持っておこう!

外国のグラフィックファシリテーターの文具談義に触れる機会がありました。多くを占めるアメリカベースの方にはカッターなどの「切る文具」がホットトピックだったのはお国柄だなあと。日本ではあらかじめカットされた模造紙を使うことが多いですが、諸外国ではロール紙が主流なことと、国内移動も飛行機が中心で、でもいちいち預けてられないみたいな事情があるのでしょうね。

刃物は原則的に機内持ち込み禁止なのはご存じかと思います。しかし実は刃渡りが短いものや刃がカバーされているものの一部は国内線への持ち込み可能です。

※保安検査場ではあらかじめバッグから出して、検査員に見せてくださいね。
※国際線にはいっさい持ち込みができません。
<ご参考:念のため公式でご確認を>

JAL - カミソリ(電気カミソリ)・ハサミ・爪切りは機内に持ち込めますか。

Q&A詳細ANA

What Can I Bring? | Transportation Security Administration TSA(US国内の規準)

 

機内持ち込みできるような小型のはさみ類は持ち運びに便利=ファシリテーターに便利ということ。私も携帯用のはさみをペンポーチに入れてあります。テープを切るのに便利ですし、ちょっとした紙工作をグラフィックに貼り付けて演出するのも楽しいもの。

f:id:nummy:20171006070535j:plain
これは順位発表に合わせてメダルっぽいのを貼ってみました。あ、お菓子の袋を切るのにも便利ですねw

では商品のご紹介。まずは愛用品の「フィットカットカーブ ツイッギー」。

プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ブラック 34-583

プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ブラック 34-583

 

私自身ときどき飛行機に乗りますが、このはさみは持ち込みできています(もし引っかかったら放棄する覚悟で持ち込んでいますが……)。
なんといっても切れ味がいいし楽なのですよね。ベルヌーイカーブ刃、おそるべし。自宅のはさみも全部買い換えてしまいました(キッチンばさみも!)。キャップをとればすぐ使えるし、片手で刃の解放・ロックが簡単にできるのがポイント高いです。

以前使っていたのはレイメイ藤井の「ペンカット」。ただこちらは持ち手を引き出すワンアクションが手間に思えてファシリテーションの現場では使わなくなってしまいました(会社置きにしてる)。

レイメイ藤井 はさみ ハサミ ペンカット グリーン SH601M

レイメイ藤井 はさみ ハサミ ペンカット グリーン SH601M

 

スムーズに利用することを考えると、サンスター文具の「スティッキール」もいいのかな。

 

USの皆さんはカッターが主流みたいです。素早くロール紙を切り取るにはカッターのほうがいいのかもしれません。
紹介されていたのは3Mのペーパーカッター。 

3M スコッチ 安全設計ペーパーカッター 14-TB

3M スコッチ 安全設計ペーパーカッター 14-TB

 

カバーの間に紙を挟んですーっとスライドする方式。これで大きなロール紙をぴーって切るのを想像するとなんだか楽しそうですよ! ロール紙を使う機会があれば買っちゃうかも。


もう一つ、OLFAのタッチナイフをオススメしていた方もいましたね。ロングセラーの懐かしさ。 

オルファ(OLFA) タッチナイフベンリー 171ST

オルファ(OLFA) タッチナイフベンリー 171ST

 

ただ、これは刃渡りが短いとはいえ刃先がとがっているので飛行機ではもしかしたら引っかかることがあるかも? 

いずれにせよ「切る」文具をひとつ持っておくと工夫の幅がひろがるのでオススメです。