ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

ISOT2017:Magic Whiteboardをじっくり試す。静電気式のふせんについて。

前回はISOT会場でMagic Whiteboardを試したことについて書きました。

facigraworks.hatenablog.com

 
その際サンプルをたくさんいただきましたので、家でじっくり試すことができました。
いただいたのはA4版の「Magic Whiteboard」とふせんサイズの「Magic Stickynote」。サンプルというか、製品版をくださってるような気がするんですけど。

www.magicwhiteboard.co.uk

まずは、A4版のほうから。

f:id:nummy:20170820141140j:plain

使用したマーカーはパイロットのボードマスターS極細です。

f:id:nummy:20170820141452j:plain

我が家の壁紙は写真でもおわかりのとおり不規則にデコボコしているデザインなのですが、しっかり貼りついていて描く・消すどちらも支障ありませんでした。

そしてふせんタイプのほうです。

f:id:nummy:20170820141130j:plain

こちらはボードマスターと付属のマーカーで書き比べ。付属のマーカーのほうが字幅がやや太いです。消したときに綺麗なのはやっぱりボードマスター……パイロットおそるべし。

f:id:nummy:20170820141120j:plain

さて、このMigic Stickynoteのような「静電気で貼り付けるふせん」は他にも売られています。例えば、ダイソーで買えるこの「静電気でつくふせん」。表面がつるつるしていて、もしかしてこれも同じものかもしれない、とホワイトボードマーカーで書いてみました。

f:id:nummy:20170820141110j:plain

f:id:nummy:20170820141059j:plain

おわかりになりますか? マーカーで書いたところのピンク色が削れています。
ホワイトボードマーカーの溶剤(アルコールベース)が表面の色を溶かしてしまうようです。油性ペンで使うものではないんですね……。

実はNeulandにも「Slickynotes」という、静電気で貼り付けるタイプのカードが売られています。

global.neuland.com

こちらは色つきの表面は油性マーカーまたはOutliner(顔料マーカー)で。裏面はホワイトボードマーカーで書けて、から拭きで消すことができるというちょっと変わった商品です。

静電気式は貼り替えなどの扱いにくさが苦手であまり深く突き詰めたことがなかったのですが、こうしてみるとさまざまな製品があるんですね。
今のところ「こういう使い方が面白そう!」というアイデアが思い浮かばないのですが、Magic Stickynoteはホワイトボード的な使い方ができるふせんとしてストレスなく使える機能性があると思います。何か思いついたらワークショップなどで使ってみたいと思います。