ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

America's favorite? Sharpieフリップチャートマーカーを買ってきました

以前、拾ったに等しい「Sharpie Flipchart Marker(シャーピー フリップチャートマーカー)」を使ってみたよという記事を書きました。

facigraworks.hatenablog.com

でもこのマーカー、もらい受けてきた使いかけでして、書き味がどうもいまひとつ。そんな状態のものでレビューしてもいいのかなあと思いつつ約1年。アメリカに行く機会を得ましたので、こんどこそリベンジ! とSharpieのセットを探してきました。というか水性マーカーはやはりSharpieしかなかったのです。

f:id:nummy:20170612224913j:plain

黒が2本入った7色セット計8本、10.99ドルでした。
世の中には平芯(Chisel)もあるようなのですが、店舗にあったのは丸芯(Bullet)のみ。どうも、平芯は手に入りにくいようです。

f:id:nummy:20170612224855j:plain

前回は「ペン先が毛羽立っている」と描きましたが、新品ではさすがにそのようなことはなく、なめらかな書き味。とはいえ、丸芯ですから線が細い。ちょっと迫力に欠けるよねえというのが正直なところです。裏抜けしないという点はしっかりしているのですが、ふつうの水性マーカーだなあと。f:id:nummy:20170612224845j:plain写真は、イーゼルパッドに描いています。まあ、正直……うん、そうだね、やっぱりプロッキーさいこう。

アメリカのカラーマーカーは紫と茶色が必ず含まれているのが面白いところ。軸がピンクのように見えても、描いてみると強い青みピンク〜紫なことが多いです。人種によって視認性の高さも違うんだろうなーと思わせられます。

ところで、色はほんとにメーカーそれぞれで違うんですね。緑がいちばん顕著かなと思いますので比較写真を(色調整がうまくできないので、相対的なものとしてご覧ください)。

f:id:nummy:20170612224834j:plain

Sharpieの緑がいちばん黄緑っぽいです。その下のGrove*1はとても綺麗な緑。これがいちばん好きかも。好みのインク色&ペン先でファシグラマーカー作れたら言うことないですねえ。

ビジュアル・ミーティング  予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

 
Visual Meetings: How Graphics, Sticky Notes and Idea Mapping Can Transform Group Productivity

Visual Meetings: How Graphics, Sticky Notes and Idea Mapping Can Transform Group Productivity

 

*1:Grove Consultants International。『ビジュアル・ミーティング』のデビッド・シベットの会社です。こちらのオリジナルマーカーをひょんなことからいただきました。この記事はまた後で書きますね。