読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

達人はポスカをも使いこなす:山田夏子さんのワークショップに参加しました

ファシリテーショングラフィック セミナー マーカー 文具

グラフィックレコーディングだのファシリテーショングラフィックだのに本格的に取り組み始めて約1年。そうなんです、まだやっと1年くらいなんですよ。そういうわけで、最近は直接的に「学ぶ」場に出かける機会を増やすようにしています。このたびは10月16日に開催された山田夏子さんの「グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ」に参加してきました。

対話を見える化する!グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ | ワールド・カフェ・ネット

f:id:nummy:20161108065007j:plain


久しぶりに東京まで。珍しくスカイマーク

https://www.instagram.com/p/BLmkoWnAfgN/

食べちゃう前に記念撮影 #skymark #kitkat #ukb #hnd #食べてる暇はない #いつもは青組


夏子さんには7月の「議論の可視化にできること」でお話を伺いました。 

facigraworks.hatenablog.com

 感性の占める割合が大きいグラフィックファシリテーションの世界を見事に言語化し、私のような左脳人間にもわかりやすい説明をされるのを聞いて、ワークショップがあれば必ず参加しなくては! と思ったのでした。

f:id:nummy:20161108065008j:plain

表情いろいろ。目ん玉飛び出た表情、もっとわかりやすく描きたいなあ。

念願の夏子さんのワークショップ、内容はまだ私の中で言語化&身体化しきれておらず、ブログで報告できるレベルになっていないのですが、せっかくですので画材についてご紹介しておきます。

当ブログでは以前「水性顔料マーカーといっても、ファシグラにはポスカは向いてない」と書きましたが。

facigraworks.hatenablog.com

しかし! この日、夏子さんは主線をポスカで書いてました(驚)。色はNeulandとPanPastelです(セミナーなので、ここでは写真アップなしで)。

描いている途中でポンピングしないとインクがかすれる、とはおっしゃっていましたが、何事もないかのようにすらすら描いてらっしゃいましたね……。インクが乾くのに時間がかかる(プロッキー比)こともポスカの問題ですが、聴いて描く流れや色塗りのタイミングが適切で、その点もほとんど気にならなかったです。

ファシリテーションの筆記具に関しては、聴く→描き残すというプロセスによっても使える商品が変わってくるのかもしれません。また、逆に筆記具がファシリテーターのあり方にも影響を及ぼすのでは……? なんてことも考えてみたり。

年明けの「アドバンス編」もとても楽しみです。

 ↓これで主線を……!

 

広告を非表示にする