読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

日本メーカーのファシグラマーカー(ほぼ)全色の色比べしました

マーカー 文具 ファシリテーショングラフィック グラフィックレコーディング

ファシリテーショングラフィックに向いた紙用のマーカーを個人的に「ファシグラマーカー」と呼んでいます。条件はこんな感じ。

  • 水性であること
  • 顔料系であること
    (上記は裏移りしないこと、という条件)
  • 太字(平芯)で書けること
  • 日本でふつうに入手可能であること

日本メーカーの商品では4種類がこの条件を満たしていると思います。残念ながら、外国メーカーの商品は入手困難な気がします(染料系インク疑惑もある)。

この4種のファシグラマーカー、単純に好奇心で買いそろえていったらほぼ全色そろってしまいましたので、どうせならとカラーチャートを作ってみました。
f:id:nummy:20160906194327j:plain例によってiPhone撮影なので正確な色ではありませんが、それぞれの雰囲気の差を感じてみてくださいね。

f:id:nummy:20160906194329j:plain

「ほぼ」全色、と書きましたが、ここに揃っていない色は紙用マッキーの蛍光色5色です。これはすでにメーカー廃番になっており、店頭にデッドストックがあれば手に入る、くらいの感じ。たぶん単品での入手は困難だと思います。紙用マッキー20色セットがあればそれに含まれています。私はどちらかと言うとプロッキー派なので、その5色のためにマッキー在庫倍にするのも……と思い、あきらめています……(プロッキーの蛍光を使った感触では、ファシグラに蛍光色はいらん! と思いますが)。

さて、総評です。ピグマックスツインは不透明調なので色が大きく異なります。特に緑系の差が顕著ですね。グラフィックレコーディング指向の方は、ピグマックスツインをサポートの色として1セット持っておくといいかも。

他の3種類は同色でも色合いがもちろん異なるのですが、こちらは好みの問題かなーと思います。傾向としては「プロッキー=透明感あり」「紙用マッキー=明るめ」「アクアテックツイン=こってりくっきり」という感じです。これは実物を見たほうがいいですね。FAJ関西支部の定例会にお越しいただければお見せできますので、ぜひご参加ください(だいたい出席していますが、10月はすみません、欠席します)。

どれかを選ぶなら「プロッキー/紙用マッキー/アクアテックツイン」はペン先の好みも合わせて好きに選べばいいじゃない! と思っています。よく見るとこのカラーチャート、紙用マッキーの線ががたがたなのは私の書き癖が合っていないからです。こんなふうにファシグラマーカーに限らず筆記具は「合う・合わない」がありますので、またワークショップでもできればなあと思っています。

おまけ

マーカー選びのご参考に、過去記事も見てね。 

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

 

広告を非表示にする