ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

アメリカンプロッキー?  Sharpieフリップチャートマーカー

いわゆるファシリテーションの技法はアメリカ発祥のものが多いですし、フリップチャートに書きまくる! っていうのもアメリカっぽい気がします。私がイーゼルパッドを初めて見たのも、アメリカ系企業日本法人でのことでした。

そんな思い込みを前提に進める今回の投稿は、じゃあアメリカのファシグラ用品ってどうよ、というテーマです。

用紙のほうはフリップチャートとか、それを発展させた3Mのイーゼルパッドなどアメリカ感の強い製品が揃っていますが、マーカーはどんなものなんでしょうね? マンハッタンのSTAPLESでは「それっぽいもの」見つけられなかったんですけど……。
と思っていたら、実は身近な某所にありました。「Sharpie フリップチャートマーカー」。

f:id:nummy:20160608200713j:plain

使いかけなんですが、珍しいのでもらい受けてまいりました。

Sharpieは(おそらく)アメリカでのサインペンNo.1ブランド。その水性バージョンということは「アメリカンマッキー」と言ったほうがいいのかも。そしてアメリカのファシグラマーカーとして普通に手に入るものは、たぶんこのSharpie一択なのかも……STAPLESの通販サイトで「Water based marker」って検索しても、使えそうなのはほんとにSharpieくらいですよ。

www.staples.com

f:id:nummy:20160608200714j:plain

インクの感じは、使いかけなので評価しにくいですが……ごく普通の水性マーカーという感じです。ペン先も丸芯(Bullet)で、そんなに特筆すべきことはないです……。しかもなんかペン先がしゃりしゃりしているというか、毛羽立っているというか(ペン先の繊維の先端がしっかりまとまっていなくて、ほぐれていると思われます)。

f:id:nummy:20160608200716j:plain

f:id:nummy:20160608200717j:plain

おもしろいのは、こうやって長くつなげられることくらいだ(用途外使用)。

ところで、アメリカといえばGrove Consulting International(「ビジュアル・ミーティング」著者のデビッド・シベット氏の会社)ではオリジナルの平芯マーカー売ってるのですよね。これがアメリカ最高峰のマーカーなのかな。しかし8本で20ドルって、なかなかのお値段ですよね。

Charters® Markersgrovetools-inc.com

 

ビジュアル・ミーティング  予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

 

 アメリカン紙モノ 

 

広告を非表示にする