ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

アメリカでポストイットを買った話

先日の記事で、ニューヨークで購入したダイカットのポスト・イットをご紹介しました。

facigraworks.hatenablog.com

昨年の夏訪れたのですが、その際ちょっとだけStaples(オフィス用品店)に寄ってワークショップ用品を探してみたときの戦利品です。
ただ、立ち寄ったのが出発日で、しかも甥っ子のお土産探しに付き合ってのことだったので、他のものはあんまりディープには探せてないんです……。

そして、なんと、実はあんまりワークショップに使えそうなものが見当たらなかったんです! アメリカなのに! とりあえずマーカーは探したんですけど、油性のSharpieしか見つけられなかった……。

www.amazon.com

こういう、フリップチャートマーカーっていうのが存在するはずなんですけどね。マンハッタンのど真ん中のお店だから、周りのオフィスで使いそうなんだけどなあ。

結局買ったのはダイカットのポストイット2種類のみでした。

f:id:nummy:20160515221019j:plain

ベースの色がえぐいですね。普通の四角いポストイットもこういう色ばっかりなんですよね(もしかして、目の色で感じ方が違うのかも)。しかも、ダイカットのものは地模様もついています。何に使うものなんだろう?

このポストイット、糊のつき方も変わっていて、たとえばハート形だと真ん中の部分(点線の部分)だけに糊がついています。端に寄せているわけではないのですよね。

f:id:nummy:20160522223646j:plain

自由度が高いのか? それとも、そうでもないのか? 不安定じゃないのかな。
いろいろと不思議なポストイットです。加えて、あんまりお安くはなかったです……。
1パックが4.5ドルくらいしたと思います(また、NYは税金が高いのです……)。 

www.amazon.com

通販にはこんなのもあるんだ。これなら普通に使えるかな。やっぱり、立ち寄った店の品ぞろえの問題なんでしょうかねえ。

広告を非表示にする