読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

台湾最終話:ステッドラー ルモカラー ホワイトボードマーカーは6色セット!

ホワイトボード マーカー 文具 ファシリテーショングラフィック

台湾ファシリテーション文具探訪シリーズも最後となります。
今回は、懐かしい雰囲気の文具&本屋さんでちょっと珍しいホワイトボードマーカーを発見した話。

f:id:nummy:20160509212239j:plain

それはステッドラーのホワイトボードマーカー! 初めて見かけたので日本未発売かと思ったのですが、実はちゃんと売ってました……。お店で見たことないなあ……。

製品紹介(Products):ルモカラー ホワイトボードマーカー | STAEDTLER Japan website!

台湾では、ステッドラーは「施德樓」と書きます。軸に製品表示シールをぐるっと巻き付けてあるので、ほぼ台湾製造に見えますが、ドイツ製です!

平芯もラインナップされているようですが、店頭にあったのは丸芯だけ。
やっぱり画数の多い繁体字を書くには、丸芯のほうがいいのでしょうか。

f:id:nummy:20160509212250j:plain

ペン先は↑こんな形。芯の形はキャップの先端に表示されていて、とてもわかりやすいです。

f:id:nummy:20160509212258j:plain

ピグメントライナーもキャップはこんなデザインでしたね。

facigraworks.hatenablog.com

 

特筆すべきは、なんと6色も展開されていること。
黒・赤・青・緑・オレンジに加え、紫色もあるのです!
これで「ホワイトボードdeガラスの仮面」も大丈夫(誰が書くんだ)。

f:id:nummy:20160509212257j:plain


発色がやや薄くて、ちょっとストレスなのですが……紫色には換えられない。
たのしいファシグラのときに使ってみようかなあと思います。

ところで、このステッドラーは大きな文具店には置いておらず、たまたま立ち寄った小さなお店で発見しました。昭和時代には日本でもよく見かけた、少しだけ本や雑誌があって、文房具も売っているお店、みたいな雰囲気の「弘文圖書文具公司」。JTBプラザの入る建物の2Fにあり、便利な駅は中山か雙連です。とっても便利な場所に、レトロな文具屋さんが残っていました。文具の品揃えはなかなかでしたよ。

f:id:nummy:20160509212247j:plain

f:id:nummy:20160509212256j:plain

こんな紙の袋に入れてくれるところが懐かしい!(昭和世代ですが、なにか!)

その他の台湾ファシリテーション文具についてはこちらも。

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

facigraworks.hatenablog.com

 

広告を非表示にする