ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

台湾でファシリテーション文具を探してみた:ホワイトボードマーカー編(白板筆系列)

台湾でファシリテーション文具を探す旅。前回は「ファシグラ向きの水性顔料マーカーが店頭にない!」ことについて書きました。

facigraworks.hatenablog.com

 

反面、ホワイトボードマーカーはなかなか充実していたように思います。今日は「白板筆系列」、ホワイトボードマーカーについて書きます。

多くの店頭でぱっと目を引いたのは、なんと言ってもパイロットのボードマスターでした。
百樂Pilot World 百樂就是好筆 (パイロット台湾事業所のサイト) 

続いてサクラクレパス、SIMBALIONといったところだったかな。

サクラクレパスの商品は「白板マーカー」と同様、アルミ(だっけ)軸のものでした。軸にシールを貼っているだけじゃなくて、ちゃんと現地仕様の商品になってました。
(参考:白板マーカーとはこんなもの) 

 

SIMBALIONは台湾の筆記具メーカー「雄獅鉛筆」のブランドです。総合筆記具&画材メーカーですね。鉛筆がアメリカのDIXON TICONDELOGAみたいなデザインでかわいい。

www.simbalion.com


下のリンク先のような商品がよく売られていたかな。「環保」とは「エコ」のこと。

www.simbalion.com.tw

それから、中国製の「TOMATO」っていうのも発見。
カートリッジ式で、軸のデザインがボードマスターそっくりさん。
ボードマスターが38元なのに対し、こちらは25元で売られていました。13元あれば安いキャンディくらい買えちゃう。ちょっとしたものです。インクの質は謎です。買ってないので写真もなし。

ともかく、細めの字幅が中心ではありますが、ホワイトボードマーカーはかなり充実している印象でした。

ところで、今回店頭で見かけたマーカーのペン先はすべて丸芯でした。
台湾ではボードマスターは丸芯しかラインナップされていないんですよね。SIMBALIONも極太以外はすべて丸芯だし、どうやら平芯は分が悪そう。
やっぱり繁体字は丸芯のほうが書きやすいんでしょうか。細字メインだしね。
ステッドラーのホワイトボードマーカーは台湾でも平芯が売られているようですが、お店では見かけられず。写真は丸芯です。

f:id:nummy:20160509212258j:plain

今回メインで調査したお店はこちら、金興発生活百貨。中山地区では定番のなんでもショップ。
(ただし、ステッドラーは置いてません)

www.taipeinavi.com

ステッドラーのマーカーは丸芯を全色購入してきましたので、別記事でレビューします。

広告を非表示にする