ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

マーカーは会場に合わせて選ぶ:パイロット・ボードマスター極太の威力

「神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議」は、その名の通り300名以上を収容できる非常に大きな会場で開催されました(立食だと700名以上ですって)。

フロアガイド 1F|ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン


以前の投稿のとおり、ホワイトボードを用意していただきましたが、こんな大きな会場では字なんか絶対見えない。 

facigraworks.hatenablog.com

 とはいえ、書くからには少しでも見やすくしたい。
一応、悪あがきとして、極太のホワイトボードマーカーを用意していきました。きっと会場に用意されているマーカーは細字だと予想していましたので。はたして、その通りの細いマーカーがおいてありましたorz

f:id:nummy:20160116175252j:plain

さて、今回お出ましいただきましたマーカーは「パイロット ボードマスター 極太」であります。

f:id:nummy:20160116175324j:plain

A4版のNu Boardに描きました。極太でしょう。

ボードに書かれる字の大きさは、マーカーの字幅に依存します。
※普段ボードに書く字が小さいと感じている方は、中字か平芯のマーカーを使ってみてください。自然と読みやすいサイズの字になるはずです。
今回もその効果を狙ってのマーカーチョイスでした。ここまで字幅が太いと字画が詰まって読みにくくなる、という弱点はありますが、そこはテクニックでカバーの領域かもしれません。

と、順調に見えたのですが、今回は思わぬ落とし穴が!
ホワイトボード2枚半ほど書き上げたところで、インクがかすれてきてしまいました。
インク残量はまだあるはずなのに……!

実は、通常のミーティングでは、それほどずーっと何かを書き続けるという場面は多くありません。発言の要点を書いていけばいいのですから、必ずインターバルがあります。その際は、ペンにキャップをはめたり、ペンの向きが変わったりしてインクは自然にペン芯(ニブ)に供給されていきます。また、中綿式のペンは毛細管現象で常にインクがニブに送られるので、インク切れの心配もほぼないわけです(別の弱点があるので、私は中綿式を好まないのですが)。
しかし、「パイロット ボードマスター」は直液式。
ずっとペンを上向きに書き続けると、インクカートリッジとニブの間には空洞ができ、インクが供給されなくなってしまうのでしたorz

f:id:nummy:20160116175523p:plain

これは、焦りました。カートリッジを見てもインクはあるように見えるし、また、カートリッジ交換も間に合わない(スペアカートリッジは常に持ち歩いています)。
結局は中字平芯(いつもの愛用品)に切り替えて事なきを得ましたが、やはり、バックアップ用に同じペンは2本用意すべきだなあと実感しました。
極太なんてあまり使わないだろうからと、1本しか買ってなかったのです……反省。

とはいえ、ニブに溜まったインクだけでボード2枚半描けるなんて、ものすごく優秀じゃないですか?
さすが、文具界のトヨタ(と勝手に私が思っている)パイロットさんです*。


*万年筆の精度の高さや、フリクションのポジショニングがプリウスっぽいなーとか、勝手に思っています。

 カートリッジももちろん持ち歩いています。