読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

ボブ・スティルガーさんのフューチャーセッションに参加してきました

さる11/3、国立明石工業高等専門学校で行われた「瀬戸内圏フューチャーセッション@明石」に参加してきました。
私の目的は、フューチャーセッションの経験を増やすこと。もちろん、明石の未来を考えるというコンテンツにも興味を惹かれました(実はちょっとだけ明石育ちなのです)。
会場の明石高専共同教育センターはとってもすてきな空間! 私は2回目の訪問ですが、会場は重要だなーっていつも思います。

f:id:nummy:20151107202753j:plain

ファシリテーターはボブ・スティルガーさん。
未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう――震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦』の著者、「対話による未来創造の第一人者」と言われる方です。フューチャーセッションについて調べていくと必ずお名前を見かける方、どんな方なんだろう…と興味津々でした。

ボブさんはあまりたくさんのことは語らず、その場を観察しているようでした。それは言語の問題ではなく、そういうスタイルなのだろうなぁと思いました。でも、とてもフレンドリーなおじさんでした(笑)。そして、あ、ここだ、っていうところで声をかけるのです。
出た。また、場を見つめているファシリテーターだ。場作りに必要なことは、いったい何なのでしょうか。うまく言語化できなくてもどかしい。

ところで、今回は小中学生がたくさん参加していました。この日の最年少は8歳。子どもたちは問いに、他の人の意見に、とても敏感に反応していました。
彼らは、やりたいことや意見をたくさん持っていました。でも、なかなかそれを発表してくれない。個別に質問を繰り返していくとたくさん話してくれるのですが、大勢の前ではなんだか照れがある感じ。もしかしたら、「発表」ということばがあるから、学校での発言のフォーマットにとらわれていたのかもしれないな…と後から感じました。
その枠を外してあげることができれば、そして大人が適切に問いかければ、ちゃんと「使える」「できる」意見が出て来るのです。
問いかけや勇気づけ(アドラー的な?)の仕方を工夫すると、子どもと一緒に作り上げられるものが増えるかもしれません。みんなが当事者になれること、それがフューチャーセッションの醍醐味なのかもしれません。

↓これはグループで話し合っていたときの、私のメモ。「雨ですよー」って呼びかけあえるようなコミュニティ…という話は、高専の学生さんから出てきました!

f:id:nummy:20151107202815j:plain

そうそう、この日のグラフィッカーは私の敬愛する玉有朋子さん(´∀`)
いつもながら意見をしっかりとらえ、楽しく書きとめるそのファシグラはとても参考になります。書き終えたあと、「楽しかったー!」っておっしゃるのです。
そう、いい話し合いをしっかり書きとめられると、楽しいんですよね!
私もそうありたいものです。   

未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう――震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦

未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう――震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦

 

 

広告を非表示にする