ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

プロッキー:スターターは10色セットを買うべし

ファシリテーショングラフィックの世界で、もっともよく使われているマーカーは三菱鉛筆の「プロッキー」じゃないでしょうか?
(紙用マッキー派のみなさま、マッキーはまた後日取り上げますよぅ)

模造紙やイーゼルパッドに描くためのマーカーは、水性顔料インクであることが必須条件。
油性マーカーではだめなのです。壁や机にしみてしまいます! ワークショップのためにマーカーを用意してください、って言われて油性マーカーセットを用意する教育研修部門はちょっとアレだと思います、が、ファシリテーターも丁寧に指定しないとだめよね。

話がそれた。その中で多くの人が選ぶのが、プロッキーだと思います。たぶん、人気はプロッキーとゼブラの「紙用マッキー」が二分していると思うのですが、なにせプロッキーは取り扱い店舗が多いような気がします。

では、ファシグラやってみよー、と思ったとき、スターターキットとして適しているのはどのセットなのでしょうか。

まず、必ず「細字+太字」の方を買ってください。太い方です。
そして、色は「10色セット」をオススメします。
みんな8色セットを持っているような気がするけど…じっさい、お店でよく売られているのも8色セットだけれども…。

実は、最近の8色セットは「黒、青、水色、緑、黄、ソフトピンク、赤、茶」。
紫と橙がセットされていないのです。
(以前のセットは「黒、青、、緑、黄、、赤、茶」でした)
ファシグラで紫と橙は必須の色です(断言)。なので、「黒、紫、青、水色、緑、黄、橙、ソフトピンク、赤、茶」の10色セットを買うべきなのです。

そのうえで、グラフィックレコーディングを指向している方は灰色とうすだいだいを買い足すといいんじゃないでしょうか。

 

 

広告を非表示にする