ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

マーカー

America's favorite? Sharpieフリップチャートマーカーを買ってきました

以前、拾ったに等しい「Sharpie Flipchart Marker(シャーピー フリップチャートマーカー)」を使ってみたよという記事を書きました。 facigraworks.hatenablog.com でもこのマーカー、もらい受けてきた使いかけでして、書き味がどうもいまひとつ。そんな状…

Neulandがセールをやっているので、BigOneのTipsをご紹介します

たいへんたいへん。2017年7月31日までの注文で、Neuland製品が購入金額に応じて10%〜20%割引になるそうですよ。購入をお考えの方はこの機会にぜひ。 global.neuland.com ざっくりした経験談はこちらから。 facigraworks.hatenablog.com さて、みんな大好きBi…

あなたはホワイトボードマーカーのキャップをペン軸の後ろにさす派? ささない派?

ちょっとした事情で最近、ぺんてるのホワイトボードマーカー『ノックル ボードにフィット』の写真をしげしげ眺める機会が多かったのです。この写真、なんか違和感があるなあと思い続けていたのですが、あるときふと気がつきました。 ぺんてる WBマーカー …

ワークショップ、参加者ひとりひとりに渡すマーカーは何がいいのか問題

ワークショップで参加者一人に一本ペンを配ることがたまにあります。私が運営で関係するイベントで「一人に一本」という場合はだいたい大きなイベントで、予算も厳しいのでできるだけお安いものを……というパターンがほとんど。ほんとうはプロッキーをお配り…

ホワイトボードマーカーなのにツインマーカー、サクラクレパスにあります

ホワイトボードマーカーって、意外に形が似たり寄ったり。もちろん、軸が太い細い、ニブがどうこう、はありますけど「ノック式」や「ツインマーカー」というバリエーションがあまりない。一応どちらも商品としては存在するんですけど、各社出しているという…

「ホワイトボードマーカー選手権」がはてブで人気なので便乗してホワイトボードマーカー豆知識まとめを書いたよ

staffblog.cookpad.com ホワイトボードマーカー選手権2017 - Cookpad Staff blog 個人ではボードを揃えるのが難しいから、こういうの待ってました☆マーカーも適材適所なんだけど、ボードマスターってかなり万能なので安心してお勧めできる。 2017/03/16 16:4…

パイロット「ボードマスター」グローバルモデルからみる世界ホワイトボード事情

たいそうなタイトルをつけましたが、単なる海外お買い物情報です。 マレーシア(クアラルンプール)に行く機会があって当然のように文具店パトロールをしてきたわけです。マレーシアでは日本メーカーの文具が多く、おなじみのものがたくさん並んでいます。し…

Neulandのマーカーを買ったので気づいたことを書いてみる

1年くらい買うだの買わないだのぶつぶつ言っていたドイツのワークショップ用品メーカー「Neuland(ノイラント)」について。昨年秋に仲間内で盛り上がったりちょっと円高傾向だったりしてついに取り寄せてみましたらあっという間に追加注文する羽目に陥りま…

万年筆はステキなコミュニケーション文具だけどファシリテーション文具ではないなあという話

始めにお断りしておきますが、万年筆大好きです。まあまあはまっている自覚もあります。それでもなお、ワークショップ形式に万年筆は向いていないよ、というお話です。 ワークショップや勉強会に参加すると、万年筆でノートをとっている方に出会うことが多い…

ホワイトボードマーカーはどのぐらいカラフルであるべきか:Neulandのホワイトボードマーカー13色

身近な会議室に備え付けられているホワイトボードマーカーの色バリエーションはどのくらいでしょうか。だいたいは、黒・赤・青の3色でしょうか。もしかすると、3色あるって優秀なほうかもしれませんね。黒と赤だけとか、場合によっては黒と青だけなんてこと…

Eテレでデーモン閣下と付箋の使い方を学ぼう:『しまった!』はWebでも見られるよ

「付箋の使い方を教えてくれるEテレの番組がある」と聞いてさっそく調べてみましたら、デーモン閣下がアクティブラーニングの進め方を伝授してくれていました。 www.nhk.or.jp 教育番組なので、過去の放送もすべて解説付き、無料で閲覧可能です。フレームワ…

ホワイトボードにこだわるワークショップその2を開催しました。ファシグラ練習素材について考えた。

8月に開催したホワイトボードマーカーを使い倒すワークショップ「ファシグラ100本ノック!」の第2回を12/3に大阪のフューチャー・ファシリテーション・カフェで開催しました。今回は10名の方にご参加いただきました! みなさまありがとうございます。 内容は…

描く環境に合わせてちょっと工夫しておくこと:マーカーにラベルを貼っています

特にグラフィックレコーディングをするときに多いのですが、会場の照明が十分ではないことがあります。プレゼンテーションのためには照明を落とさないといけませんからね。 こちらはTEDxKobeで描いている風景。この写真のように、用紙そのものにはクリップ式…

達人はポスカをも使いこなす:山田夏子さんのワークショップに参加しました

グラフィックレコーディングだのファシリテーショングラフィックだのに本格的に取り組み始めて約1年。そうなんです、まだやっと1年くらいなんですよ。そういうわけで、最近は直接的に「学ぶ」場に出かける機会を増やすようにしています。このたびは10月16日…

ホワイトボードにクレヨンの味:キットパス ホワイトボード用

日本理化学工業から「キットパス」という固形マーカーが出ています。クレヨンみたいなかんじの筆記具ですね。 ホワイトボード用キットパス/日本理化学工業株式会社 クレヨンみたいなホワイトボードマーカー 2016/09/16 19:31 以前からあるスタンダードなキ…

クラフト紙にファシグラしてみよう:マーカーの発色は気になるよね?

以前、こんな記事を書きました。 facigraworks.hatenablog.com クラフト紙を使うと、ファシグラ(特に、ワールドカフェの落書きとか)が捗る! みんなが気軽に書いてくれる! という仮説です。 じゃあクラフト紙を導入してみようかなー、と思ったときに、文…

日本メーカーのファシグラマーカー(ほぼ)全色の色比べしました

ファシリテーショングラフィックに向いた紙用のマーカーを個人的に「ファシグラマーカー」と呼んでいます。条件はこんな感じ。 水性であること 顔料系であること(上記は裏移りしないこと、という条件) 太字(平芯)で書けること 日本でふつうに入手可能で…

nu boardにする?Butterfly Boardにする?モバイルホワイトボードを考える

みなさん、もちろんMyホワイトボードマーカーと持ち歩くモバイルホワイトボードはお持ちですよね? と煽ってみる。 先日のワークショップでは意外と皆さんご存じなかったので、今日はノートタイプのモバイルホワイトボード(今名付けました)について書きま…

ホワイトボードマーカーを使い倒すワークショップを開催しました

さる8/27、大阪のフューチャー・ファシリテーション・カフェでホワイトボードマーカーを使い倒すワークショップを開催しました。 ファシリテーション文具を楽しみつつファシグラやってみる会を開催させてもらいました。たぶん界隈初のアプローチ。#enjoyfgat…

くっきりはっきり! シヤチハタ「アートライン潤芯 ホワイトボードマーカー」のポテンシャルに期待

「シャチハタ」ではなく「シヤチハタ」です、のあのシヤチハタさんもホワイトボードマーカーを作っています。 www.shachihata.co.jp シヤチハタですよ! ものすごくくっきり(特に赤)してそうな妄想にかられませんか? というわけで購入してみました。 なん…

「マジックインキ」のファシグラマーカー・「アクアテック ツイン」を全色揃えてみました

以前もご紹介した寺西化学工業の「アクアテック ツイン」。柔らかでスムーズな書き味と、チューリップみたいなデザインがステキな水性顔料マーカーです。「マジックインキ」でおなじみの寺西化学工業の製品。 facigraworks.hatenablog.com guitar-mg.co.jp …

パイロット・ボードマスター書き比べ! 手法によっても適したマーカーが違うかも。

最近ホワイトボードマーカーコレクターみたいになっていまして、ついに「パイロット ボードマスター」のほとんどの字幅を買いそろえてしまいました。 www.pilot.co.jp www.pilot.co.jp この中で手元にないのは「ボードマスター 中細字」と「ボードマスターS …

三菱鉛筆のホワイトボードマーカー「お知らセンサー」の角芯を使ってみました

プロッキーで日頃たいへんお世話になっている三菱鉛筆さんのホワイトボードマーカー「お知らセンサー」。中綿式なのですがインクの残量が窓から見えて、替え時が分かりやすい優れものです。職場の備品が実はこの「お知らセンサー」の丸芯タイプなので、たま…

紙用マッキーもカートリッジでエコに使い倒せますが替え芯は廃盤です

プロッキーと並びカートリッジ交換でエコに使えるファシグラマーカー「紙用マッキー」。こちらもカートリッジの交換方法を書きたいと思います。カートリッジはメーカー直販で購入可能ですが、残念ながら替え芯は廃盤だそうです……。 www.zebraservice.jp 紙用…

なにかと便利なプロッキー(灰)と紙用マッキー(グレー)を一本持ちませんか

先日の「グラフィックレコーディング体験セミナー」で(いつものように)灰色のプロッキーでレコーディングしていたところ、何人もの方から「プロッキーにそんな色があるんですね!」と声をかけていただきました。 facigraworks.hatenablog.com たしかに、灰…

プロッキーもカートリッジと替え芯でエコに使い倒しましょう(カートリッジ編)

前回はプロッキーの替え芯(ニブ)交換の手順について書きました。 facigraworks.hatenablog.com でも、よく考えたらカートリッジのほうが交換頻度は高いはず……というわけで、今回はカートリッジの交換手順です。 軸の細字のほうを回すと、カートリッジを交…

プロッキーもカートリッジと替え芯でエコに使い倒しましょう(替え芯編)

愛用のホワイトボードマーカー・パイロット「ボードマスター」の替え芯交換手順は以前お伝えしました。 facigraworks.hatenablog.com プロッキーもカートリッジや替え芯を交換しながら使っていますので、コツなどをお伝えしますね。 使い古しのペン先は、手…

「グラフィックレコーディング体験セミナー」のお手伝いをしました

さる6月15日、大阪イノベーションハブで開催された「グラフィックレコーディング体験セミナー」のお手伝いをしてきました。役割は、セミナーの様子をグラフィックレコーディングすること。4時間のセミナー、模造紙3枚がっつりグラレコしてまいりました。 上…

プロッキーやマッキーのカートリッジと替え芯はメーカー直販で買えますよ!

明日のイベントに備えてファシグラマーカーのインクチェックなどをしておりました。ときどき全部書いてみて、インクにかすれがないかなーなんてチェックします。とはいえ、中綿式のマーカーは徐々に色が薄くなっていくので替え時がいまいち分からないんです…

アメリカンプロッキー?  Sharpieフリップチャートマーカー

いわゆるファシリテーションの技法はアメリカ発祥のものが多いですし、フリップチャートに書きまくる! っていうのもアメリカっぽい気がします。私がイーゼルパッドを初めて見たのも、アメリカ系企業日本法人でのことでした。 そんな思い込みを前提に進める…

不透明インクでファシグラ!サクラクレパスのピグマックスツインを超おすすめ

これまで当ブログではファシリテーション・グラフィックに向いた水性マーカーを「ファシグラマーカー」と呼んで、国産では次の3種類をお勧めしてきました。 プロッキー(三菱鉛筆) 紙用マッキー(ゼブラ) アクアテック(寺西化学工業) すべて透明インクの…

台湾最終話:ステッドラー ルモカラー ホワイトボードマーカーは6色セット!

台湾ファシリテーション文具探訪シリーズも最後となります。今回は、懐かしい雰囲気の文具&本屋さんでちょっと珍しいホワイトボードマーカーを発見した話。 それはステッドラーのホワイトボードマーカー! 初めて見かけたので日本未発売かと思ったのですが…

台湾でファシリテーション文具を探してみた:ホワイトボードマーカー編(白板筆系列)

台湾でファシリテーション文具を探す旅。前回は「ファシグラ向きの水性顔料マーカーが店頭にない!」ことについて書きました。 facigraworks.hatenablog.com 反面、ホワイトボードマーカーはなかなか充実していたように思います。今日は「白板筆系列」、ホワ…

台湾でファシリテーション文具を探してみた:紙用マーカー編(麥克筆系列)

連休を利用して台湾に旅行してきました。 台湾大好きで何度か訪れているのですが、いつも感じるのが文具の充実っぷり。日本製の文具が人気ですし、台湾製もバリエーション豊か。 誠品書店 信義店ではトラベラーズノートのポップアップショップが。ほぼ日本。…

プロッキーがファシグラマーカーのデファクトスタンダードな理由がなんとなくわかりました

このブログを開設して以来「ファシグラマーカーのデファクトスタンダードがプロッキ ーなのはなぜだろう?」問題に取り組んできましたが、ようやく一定の結論(?)に達することができました。 日本メーカーの水性顔料マーカーで「ファシグラマーカー」と定…

A3版用紙へのファシグラ/グラレコにおすすめ:ステッドラー ピグメントライナー(斧型)

A3用紙でのグラフィックレコーディングで使用したペンの話を先日書きました。 facigraworks.hatenablog.com その際ご紹介した主線用のペンはこの二つ。 三菱鉛筆・プロッキー細字+太字 の細い方 uni 水性顔料マーカー プロッキーツイン 黒 PM150TR.24 出版…

パイロットのホワイトボードマーカー・ボードマスター極太を全色揃えました

ホワイトボードマーカーはくっきりはっきり書けなくちゃ! をモットーとして道具選びを続けています。そのため、今の愛用品はパイロットの「ボードマスター」。描画のくっきりさは他の追随を許しません。インクの消費量も半端ないけど……ああ、またカートリッ…

イノベーティブなスペースでディスカッション:壁一面のホワイト&ブラックボード

なんだかルー語なタイトルですが、壁一面がホワイトボードになっていてバランスボールライクなチェアーが置かれているスペース(なぜか部屋と言わない)のことを話すとルー化するのはなぜでしょうWhy。最後、違うタレントさんになってるな。 4月の日本ファシ…

水拭きで消せるマッキー:フレームワークの練習に使えるかも?

ゼブラのマッキーは油性がほとんどですが、水性のものが2種類あります。ひとつは、当ブログでもときどきお勧めする「紙用マッキー」。そしてもう一種類は「水拭きで消せるマッキー」。ガラスやプラスチックなどのつるつるした面に書くと、ぬらした布やウェッ…

Neulandからカタログが送られてきてました

使ってみたレポに続く、Neuland祭り。実は、1月末にNeulandからカタログが送られてきてました。ちょうど「わや」になっていた頃なので、記事にするのが大分遅れてしまいました。以前のNeulandの記事はこちら。 facigraworks.hatenablog.com facigraworks.hat…

寺西化学工業のアクアテック:ファシグラマーカーはプロッキーだけじゃありませんよ

先週の土曜日は日本ファシリテーション協会(FAJ)関西支部の定例会でした。その懇親会の席で、なんとなく素朴な疑問が話題にのぼりました。 「ファシリテーショングラフィックに一番いいペンは、やっぱりプロッキーなんでしょうか?」と。 うーん、確かにフ…

A3用紙でグラフィックレコーディング、いろいろな試行錯誤をしております

3/26にグラレコ隊として参加した「CIVIC TECH FORUM2016」では、初めてA3用紙へのグラフィックレコーディングを経験しました。もちろん、自主練習やワークショップではA3版に描くこともありますが、実は本番では初めてでした。グラフィックレコーディングを…

ドイツのファシリテーション文具:Neulandのマーカーを実際に使ってみました

『文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説 』からおばちゃんいろいろ教わっているわけですが、もっとも大切な教えのひとつは「実際に使ってみること」かと思っています。さて、私がここのところずーっと気になっているドイツのワークショップ製…

【書評】『文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説』(私のズルい補足も)

当ブログ初めての書評がこれか! 定番ファシグラ本とかじゃないのかよ! でも、とても衝撃的、かつうれしい気持ちになったので、ご紹介させてください。 iroha-shop.jp 今話題の「小学生が夏休みの自由研究として執筆した文房具図鑑」の普及版。書店で売られ…

イライラしないホワイトボードマーカー:もしかして私も3Dプリンターに走るのか?

こんなものを試作された方がいらっしゃいます。イライラしないホワイトボードマーカーですって。 www.wemake.jp 実際に3Dプリンターで試作品を作られたようですよ。すごいね。私の愛用品「パイロット・ボードマスター中字平芯」対応で試作されているところを…

備え付けホワイトボードマーカーを何の疑いもなく使ってはいけない

このたびの「ファシリテーショングラフィック講座」では参加者のみなさんに書き比べしていただこうかと思って、何種類かのマーカーを持って行きました。 facigraworks.hatenablog.com ラインナップは以下の通り。 ■パイロット ボードマスター(中字平芯) ボ…

ホワイトボードマーカーの替え芯を交換してみたら意外と簡単でした

ホワイトボードマーカーはいつもカートリッジ式の「パイロット ボードマスター」を愛用していてなかなかエコに使っている自負があったのですが、ペン先(ニブ)がつぶれたときはペンごと新品に買い換えていました。取り換えの説明に、古いニブは「ペンチなど…

マーカーを持ち運ぶ問題:クツワの文具エプロンバッグが解消します

模造紙にカラフルなマーカーでファシグラをしだすと問題になってくるのが「マーカーをどうやって持っておくのか」ということ。 描いているまさにその時必要な数本なら指の間に挟んで持っておく、いわゆる「ハリネズミ」式でよいですが、多色使いやグラフィッ…

【マーカー編】ホテルや公共施設などコンベンション施設のみなさまへ:ちょっとした文具と設備で差別化できます!

先日、大会場でホワイトボードにグラフィックしたエピソードをこのブログに書きました。 facigraworks.hatenablog.com その関連で思い出したのですが、会議室の設備としてホワイトボードやマーカーって意外と無頓着に用意されていることが多いような気がしま…

マーカーは会場に合わせて選ぶ:パイロット・ボードマスター極太の威力

「神戸の未来を創る 300人のBE KOBE会議」は、その名の通り300名以上を収容できる非常に大きな会場で開催されました(立食だと700名以上ですって)。 フロアガイド 1F|ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン 以前の投稿のとおり、ホワイトボードを用意して…