読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファシリテーション文具案内

文具好きのファシリテーターがツールについてあれこれと。

Neulandのマーカーを買ったので気づいたことを書いてみる

文具 マーカー お店情報

1年くらい買うだの買わないだのぶつぶつ言っていたドイツのワークショップ用品メーカー「Neuland(ノイラント)」について。昨年秋に仲間内で盛り上がったりちょっと円高傾向だったりしてついに取り寄せてみましたらあっという間に追加注文する羽目に陥りまして、つごう2回取り寄せてしまいました(私はいつもこうなんだ)。

f:id:nummy:20170215224105j:plain

2回購入+1回キャンセルすると、なんとなくプロセスも見えてきます。ファシリテーター/グラフィックレコーダー仲間の中には「購入したいけど、海外通販がよくわからなくて……」と躊躇している方もいらっしゃいますので、そんな皆さんに向けて「購入経験から得た個人的気づき」を共有したいと思います。

【留意事項】

この記事は個人の経験に基づくものです。今後の購入時にはプロセスや価格、手数料などが異なることがあります。
当ブログでは個人輸入代行や翻訳等のサポートは一切行いません。
この記事を参考にして個人輸入を行なった際に損害等が発生しても、当ブログは一切の責任を負いません。購入はご自身の責任において行なってください。

Neulandとは

こちらの記事をご覧くださいな。使ってみたら印象変わりました。

facigraworks.hatenablog.com

 

facigraworks.hatenablog.com

 

注文のプロセス

こちらのリンク先で、ASIA→All Countriesと進みます。いろいろ選んでショッピングカートに入れてください。注文するタイミングで連絡先などを入力する画面が表示されます。個人情報のページ、組織名が必須項目だったことには要注意。会社の名前をでっち上げることになる羽目(それは私)。
アジア向けは注文ごとに送料を計算して見積もりが来ます。送料は基本料金とお急ぎ便の金額が提示されます。基本料金は船便*1で来ましたので、お急ぎ便は航空便だね。船便といっても10日~2週間くらいで届きますので、送料倍額払う理由はあまりないんじゃないでしょうか。

f:id:nummy:20170215224106j:plain


基本料金でよいのであれば、メールへの返信は特に必要ありません。サイトのショッピングカートでプロセスを進めればOKです。ただし、海外通販なので何か込み入ったことが起きないとも限りません。その場合は英語でメールをやり取りする必要が出てきます。以前、注文しかけてキャンセルしたときのやり取りから思うと、(グローバルクオリティ的に)スピーディで誠実な対応をしてくださると考えています。

気になるお値段

送料と関税には謎が多い。同じようにマーカーやなんかを買っているのですが、前回は関税かからず、2回目は関税4000円+通関料200円。
前回は重量5キロ、318ユーロの注文。今回は重量4キロ、247ユーロ。安い方に関税かかるのなんでや……。
そして、送料も前回43ユーロなのに、なぜか軽い(箱サイズは同じ)今回は46ユーロ!
謎が過ぎます。
支払いはユーロ建て、クレジットカードやPaypalなどの方法が取れます。クレジットカードの場合は、だいたい到着日くらいに請求が来ている……というかんじ。
Amazonみたいに、相場を読んでのピンポイント注文は難しいですw 大局を見て注文しましょうw)

どうやって届くの?

国内は日本郵便で配送されました。関税が課せられたときは、配達の方に現金で支払いました。

Enjoy!

マーカーや付箋などの小物類だけでしたら、問題なく取り寄せできると思います。最近日本からの注文が多いなーとNeulandが感じたら儲けものですので、興味のある方はチャレンジしてみてください。買うなら一気に買っちゃおうぜ!近くのお友達同士で共同購入するのもひとつの方法かなと思います。
英語といっても、通販サイトなので定型的な文章がほとんどです。どうせグラフィックファシリテーション/レコーディングを学ぼうと思ったら英語の資料にあたる必要が出てきますから、ひとつがんばろうじゃありませんか。

で、次はたぶん、No.One WedgeとArtBrushをコンプリートする羽目になる。このカシオミニを賭けてもいい。

*1:と通関書類に書いてあった

広告を非表示にする

第62回神戸オフィスフェア(2017年)に行ってきました

文具 ファシリテーション

2017年、第62回を迎える神戸オフィスフェアは1月26日(木)に三宮の神戸サンボーホールで開催されました。

今年のテーマは「文房具〜真〜発見!」。プロモーション動画を作って市内有数の商店街・三宮センター街で流しているなど、一般の方へのアピールも力強かったです。そのせいなのか、終業後に訪れたらとてもたくさんのお客様で、なかなかの大盛況でした。

bungu.org

f:id:nummy:20170205164050j:plain

今年の全体的な印象は、各社ともシャープペンシルにとても注力しているかんじ。芯が折れにくいシャーペンが揃っているんですよね。シャーペンというと学生の、勉強用の筆記用具というイメージが強いですが、少子化でもそこに資源をつぎ込んでいくんだねーと感じました。大人も勉強するときはシャーペン派の方って多いのかな(私は万年筆とか、ボールペンなのです)。ゼブラの営業さんには「芯を折るつもりで、横向きに力を入れて書いてみてください!」と挑戦を受けました。笑。当然デルガードの勝ちですよねえ(ウチにもありますよ)。 

ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 P-MAS85-W ホワイト

ゼブラ シャープペン デルガード 0.3 P-MAS85-W ホワイト

 

 さて、ファシリテーション文具であります。私が見て回ったなかでは、次の各社に気になるものがありました。

  • スリーエムジャパン
    当然のお名前ですね。笑。今年力を入れているのは「@!テープ(あっとテープ)」やポップアップタイプのポストイットなど、ややパーソナルユース寄りの商品が多いようですが「ミーティング・ソリューション」は健在。イーゼルパッドの価格をあと1000円下げる! と言ってくださった営業某氏の言葉を私は忘れませんよ……いっしょに頑張りましょう……。 

    facigraworks.hatenablog.com

     

  • 寺西化学工業
    アクアテックツインを展示していました! オフィスフェアでファシグラマーカーを見たのは初めてだったので感動。補充用インキが入手しにくいんです……とご相談したところ、大手文具店に取り寄せを頼んでください、とのこと。100円ぽっちのものでも、大丈夫みたいですね。営業の方曰く、「発色と耐光性には自信があります!」だそうです。たしかにアクアテックツイン、(理屈は分からないのですが、経験的に)耐光性のありそうなインクのつやがあります。 

    facigraworks.hatenablog.com

     

  • プラス
    ホワイトボードなどの大物がメインなので私のような個人には手が出ないのですが、「ミーティングツール総合カタログ」をいただきました。「ミーティングツール」というくくりでカタログを作っているところに好感度アップです。

    www.plus.co.jp

  • ぺんてる
    ホワイトボードマーカー「ノックル ボードにフィット」はかなり推しアイテムのようでした。細〜中字の試し書きもさせてもらいましたよ。

    f:id:nummy:20170205164051j:plain

    書き味は中〜太字と同じで、ペンのコントロールがしやすいです。細めの字幅が出たことで使える場面に幅が広がりました。ホワイトボードは滑って書きにくいと思われている方、ぜひ一度試してみてください。 

    facigraworks.hatenablog.com

     

  • 積水化学工業
    なんと養生テープをどーんと推し。「スマートカットテープ」というカラフルな養生テープです。こちらはとても気になったので購入してレポートします! 

     

と、まあ、終業後の2時間程度ではとても回りきれないボリュームのイベントでした。お話しさせていただいた各社の営業マンさんとも、推し商品を熱く熱く語ってくださって、愛を感じました。たぶん一日でもいられる……来年は休みとるか……(?)。

お客さんの熱気もなかなかで、どうやら学校関係者の方も多く来られていた様子。学校といえば、そう、これからはアクティブラーニング。(前も書きましたが)まあ、この言葉自体には私は懐疑的とはいえ、ファシリテーション文具が普通で必須のものになるチャンスといえる流れです。たぶん、文具業界がこれから進むべき方向の1つなんじゃないかと今年も思いを新たにいたしました。なにとぞよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/p/BPzOPcfA-aD/

神戸オフィスフェア、各社のくださるサンプルが大盤振る舞いすぎる件#神戸オフィスフェア #sarasa #zebra #lihitlab #3m #postit #sampling #ゼブラ #サラサクリップ #スリーエム #ポストイット #強粘着

広告を非表示にする

万年筆はステキなコミュニケーション文具だけどファシリテーション文具ではないなあという話

ファシリテーション マーカー 文具 紙モノ

始めにお断りしておきますが、万年筆大好きです。まあまあはまっている自覚もあります。それでもなお、ワークショップ形式に万年筆は向いていないよ、というお話です。

ワークショップや勉強会に参加すると、万年筆でノートをとっている方に出会うことが多いです。万年筆、つるつる書けて快適なんですよねえ。でも、メンバーに見せ合う用途でA4の紙やふせんに何かを書き込むときも、プロッキーなどの太いマーカーが用意されているにもかかわらずMy万年筆やMyボールペンを使っちゃう方がけっこういらっしゃいます。

これはね、やめた方がいいです。プロッキー(とか)使いましょう。万年筆を使わない方がいいのはなぜか、を写真でご紹介します。

今回のテストでは、そんな場でよく見かけるカジュアル万年筆御三家と純正インクをご用意しました。この子たちが手元にある時点で万年筆の沼っぷりはお察しください。

f:id:nummy:20170125221817j:plain

f:id:nummy:20170125221822j:plain

写真上から

ふせんは以下のようなラインナップでご用意しました。

では、イーゼルパッドに貼ったところをご覧ください。

f:id:nummy:20170125221824j:plain

万年筆の字、読めない……。
もちろん、万年筆の方が小さな字を書いているという点は指摘できますが、そもそも細いペン先は小さな字を生みやすいものです。感覚的にも、ワークショップでよくある細いペンのふせんの字数はこんな感じのボリューム感で書かれています。まあ、大勢で少し離れた距離から見ることを考えると、単純に「見えない」ですよね。
それに、字数が増えるとキーワードが複数入るからあとで分類できなくなりますよ。これ困る。

スリーエムの公式アプリ「Post-it Plus」で撮影してもこんな感じ(画面はiPhone6S)。

f:id:nummy:20170125221825j:plain

拡大表示すれば読めることは読めるけれども、ふせんの移動(ドラッグ&ドロップ)がしにくいですね……。俯瞰できることはとても大事。

それから、万年筆インクの宿命「にじむ」。

f:id:nummy:20170125221819j:plain

f:id:nummy:20170125221818j:plain

f:id:nummy:20170125221820j:plain

f:id:nummy:20170125221821j:plain

ポスト・イットペリカンがかなりにじんだのは衝撃的でした。ポスト・イットは最強だと思っていたのに。また、アスクル強粘着はどうも「のり」がついている部分がインクをはじくみたい。LAMYで「アスクル強粘着」って書いてあるところ、かなりはじいてます。

ワークショップではいったん書いたふせんを新しい枠組みでとらえ直すため、移動させることがありますよね。万年筆ではインクが手についたり、書いたものがにじんだりしそうだ。なんだか気軽に貼り替え直す感じではなくなってきます。
ぜひ、ぜひ、プロッキー(など)に慣れていただければ!

 

 

 

*1:ペリカーノJr.」はだいぶ前に処分してしまったので、同じようなペン先のこちらを。「ペリカーノ」と同等品です。通称「初号機」、残念ながら日本では現在販売終了しています。インクもエーデルシュタインしか持っておらず、ご勘弁を。

広告を非表示にする